24.バイクETC導入

★動機〜計画〜導入へ
2006年11月1日から始まったバイクETC。
でも、車に比べて初期費用がかかり過ぎるので見送ってた。
料金所での煩わしい動作(グローブ脱着、料金手払いなど)が無くなるのは魅力だったし、
ETC装着車のみに与えられる特権(各種割引、スマートIC使用可能など)も羨望の眼差し。
が、ボンビーライダーには高嶺の花同然であった(笑)

それから1年以上が経過して思った。
そんなに高速使ってなかったつもりが、明細を見ると・・・「結構使ってるじゃん!」と。
あの時にETC導入していれば、高速料金も安くなったのでは?と思うと何か損した気分。
それに加え、料金所での作業がめんどくさくて仕方ない。何とかしたい。
そんな気持ちが徐々に膨らみ、バイクETCについての調査を開始するまでに発展。
導入するかしないかは別として、ETCカードは先に取得した。当然無料(出光)のを選ぶ。

調べてみて色々を分かってきた。
バイクETCには助成制度があり、その実施期間中は通常より安く取付られるらしい。
助成制度取扱店を検索すると、近くのバイク用品店がヒット。
でも、普段から世話になってるバイク屋の方が信頼できるし、そこに頼もうと考えてたが・・・
なんと助成制度無し!!(´Д`)
店の人に聞いたら、5万6万ぐらいするって言うじゃありませんか。
これは高すぎる。残念だけど却下。バイク用品店でやってもらうことにする。

あと、08年3月末迄に、ETC取付&セットアップ&マイレージ登録をすれば・・・
マイレージ2000ポイントプレゼント!という素晴らしき特典がある。
つまり16000円相当の通行ポイントを貰えるというわけ。これは導入するしかない。
ETC推進派の思う壺になっているのが何か癪だけど(笑)

バイク用品店の店頭でETC設置の費用を見てみると、こんな感じだった。

ネイキッドフルカウル
アメリカン
ビッグスクーター
本体車載器31500円
セットアップ料金2625円
取付工賃7000円12000円
通常価格合計
助成割引額
助成適用合計
 41125円
−15750円
 25375円
 46125円
−15750円
 30375円
車載器高すぎ。取付工賃はカウルのあるなしで変わってくる。
(ハーフカウルの)ゼルビスは、ハーフカウルという分類がない為にかなり曖昧な扱い。
あるゼルビスはネイキッド扱いになったり、あるゼルビスはフルカウル扱いになったりと。
フルカウル扱いと言われたらどうしよう・・・と思ったが、俺の行った店はネイキッド扱い!!
あ〜良かった(笑)この5000円はデカイぞ。

ただ、この助成制度を適用するには、分割24回払いにしないといけないんですよ。
阪神高速が実施してた助成制度なら一括でいけたけど、生憎期間が終了していた。
チマチマ返すのは好きじゃないから、一気にポーン!と払いたいのに(笑)

ネイキッドフルカウル
アメリカン
ビッグスクーター
販売価格25375円30375円
支払回数24回
分割手数料3775円4519円
支払総額
1回目支払額
2回目以降×23回
29150円
1550円
1200円
34894円
2694円
1400円
月々1000円位ならいいやと思った。
頭金を払って、月々1000円(初回は1001円)にしてもらう。

あとは、ETCの取付&セットアップ日の連絡待ち。人気がある為、結構待たされるっぽい。
3月末までにETC作業を終え、マイレージ2000ポイントを無事ゲット(※)出来るのか??

※ちゃんと出来ていれば、4月20日に2000ポイントが反映。それまで分かりません(´Д`)


★ETCセットアップ&取付
バイクのETC取付は個人でやってはいけない。全て店側に任す事になる。
アンテナや表示器、車載器の取付位置、配線に関しては当然作業スタッフと相談出来るけど。
バイク用ETC車載器。31500円もする(´Д`)
まぁ、バイク用ETCは日本無線の1社しか作ってないから、値下がりなど一切無し。

店内で「鹿男あをによし」の原作を読んだりして時間を潰し、3時間後。ETC装着完了!!
アンテナと表示器はメーター上に設置できた。上下左右6cmの空きがあればいいとの事。
なので、キャンドゥ時計は外さざるを得なかった(笑)
これがネイキッド車種だったら、ステーを買わされていただろうから、ゼルビス万歳。
車載器はシート下の最後部、車載工具入れ(?)に取付けれた。
配線もちゃんと出来ているし、やるじゃん某バイク用品店(笑)
車載器はマジックテープで取外しが出来て便利。グ〜〜!!!(エド・はるみ調)
これだとETCカードの抜き差しをする時も支障はない。
でも、あまり前で装着するとシートを閉めた時に干渉するので、なるべくテープの後ろで装着。

ETC使用可能の状態を示すのが表示器のランプの色。

赤が点灯→車載器にカードが入ってない(又はカードを入れた初期の状態→認識へ移行)
赤と緑の点滅→車載器にカードを入れて認識中(数秒間)
緑が点灯→ETCカードの認識が終わり、問題なくETC使用可能な状態

なお、これらのランプの色はイグニッションをオンにしないと付かない。当たり前だけど。

ETC装着後は早速近くの有料道路でETCデビュー!!後日、動画も撮りました(2秒)


★あとがき
・セットアップと取付けで3時間もかかるのが辛い。
・ETCはバイクにこそ必要と痛感。料金所スルーがこんなにも感動的で楽とは。
・雨の日の料金所通過が本当に楽になるはず。濡れた手でグローブ脱着は難儀するから。
・深夜割引、早朝割引などの恩恵を受けられるのは最高。
・近場にはあまりないが、全国のスマートICも使えるし。
・以前より長距離ツーリングをし易くなったのは言うまでもない。時間を有効利用できる。
・高速使用の敷居が低くなったから、高速に乗る回数が増えそうで怖い(笑)
・マイレージ2000ポイントの獲得は来月(4月)20日にならないと分からんのが辛い。
・でも、これがちゃんと入ってたら、当分は高速をタダで使える。素晴らしい。


★ETC関連のリンク
ETC総合情報ポータルサイト(ETCの事はここから読むといいかも)
ORSE(名称が財団法人道路システム高度化推進機構・・・長っ!)
日本無線製 二輪車ETC車載器(バイク用に特化してるが、高すぎ)
二輪車ETCらくらく導入キャンペーン(平成20年度も継続実施)
ETCマイレージサービス(ETCユーザーの楽しみがマイレージポイント)
ETC利用照会サービス(今まで紙で貰ってた明細をここで見れたり、発行できる)
NEXCO西日本(料金検索も出来る)
阪神高速(平成20年度から距離別に移行・・・)
出光クレジット(ETCカード無料、まいどプラスカードも無料)




★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか?

「スーパーゼルビスを目指せ」へ戻る