14.タイヤ交換 〜ビバンダム君こんにちわ〜

★動機
ゼルビス純正のK505というタイヤ。
他のタイヤと比べても低性能で有名であります(爆)
マイゼルビスもそのK505だが、次に換えるタイヤもK505だけは嫌だ(爆)

2007年2月。
納車から既に1万キロ以上走ってるし、溝減少&ゴムの劣化が著しくなってきたので、
思い切ってタイヤ交換を敢行しようと考えた。
で、決まった銘柄はミシュランのパイロットアクティブ。
XOCではブリヂストンBT45辺りが純正外タイヤではマジョリティだが、
海外メーカーのミシュランに憧れていた俺はミシュランを選んだ。

自分で交換する勇気はないので、当然バイク屋に任せる。
前後同時交換が理想だが、余裕が無いのでフロントのみにした。


★交換した物
・ミシュランパイロットアクティブ(型番:110/80−17 ¥10187)
工賃¥4200、総額で¥14387

公式サイト
日本ミシュランタイヤ


★交換後
パイロットアクティブ装着の図。
このタイヤは日本に在庫がなく、仏ミシュラン本社から輸入。それでも1週間かからず。
手を挙げている変なキャラクターがビバンダムです。
ゴムの精霊らしいが、そうは見えない。
パイロットシリーズはアクティブ以外にも、パワーとかスポーツとかある。
ゼルビスに合うサイズのタイヤって、やはり少ないっぽい。マイナー車故の宿命。


★あとがき
・フロントだけの交換でも、めちゃくちゃグリップするようになった。路面は友達。
・コーナーでの挙動がビシっ!と決まるし。
・寝かせるのが怖かったK505とは安心感が異次元。
・ハンドルがぶれる現象もなくなった。タイヤの偏磨耗が原因だったか。
・早くリヤもパイロットアクティブにしたい。




★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか?

「スーパーゼルビスを目指せ」へ戻る