ゼルビスってどんなバイク?



主要諸元



★XELVIS 〜愛される者に愛されるバイク〜

<ゼルビスって名前、変わってるね(・_・?>

フフフ、それにはちゃんと由来があるのだ。
「eXtra」スペシャルな
ELate」元気付ける
VISter」訪ねる人
赤く強調したスペルを並べてみると・・・X,EL,VIS・・・
XELVISになる。
つまりゼルビス(XELVIS)は造語なのだった。
最高に歓迎すべき友人、はここから来ている。
ネーミング誕生も他のバイクより手が掛かっていて(?)、愛情たっぷり。
ツアラー的な乗り味で人気を博し、250ccスタンダードになる日も近い・・・
と思われた。


<いつしかアウトロー>

そんな願いとは裏腹に売れないゼルビス。
販売台数で同クラスのZZRなどに完敗。
走行性能至上主義の80年代レプリカブームの余波をもろに受けた格好か。
マイナーチェンジは1992年にカラーリングが変わっただけ。
その後も冬の時代が続いた。何故か地味。
バイク雑誌の不人気車種ランキングでも上位に入る悲惨さ。かっこいいと思うけどなぁ・・・
いつしか存在自体が危ぶまれ、案の定1996年で生産終了。
将来を嘱望されていたプロ野球選手がぱっとせず、早期に現役引退した感じ。
「嗚呼、ゼルビスよ。何故きみはウケなかったんだい?」
と、稀少なゼルビスユーザーは嘆いたとか(?)
生産終了以後は、中古車としての余生を過ごす事になるぜルビス。
元々タマ数が少ないし、時間経過と共に良質なタマも減っていく。


<密かな人気者>

しかし、世間にはゼルビスに愛を注いでいる者も少なくなかったのだ(笑)
壊れないエンジン、病み付きになるスタイリング、便利な装備・・・
と、ゼルビスの良さは結構知られていたのである。
オーナーズクラブも盛況だし、某掲示板でも熱心なゼルビスファンがいる。
ゼルビス見つけてしばらくすると、売約済みとなっているケースも3回体験。
おお・・・ここに来てゼルビスは再評価されているのか?
ゼルビスオーナーとなった俺は猛烈に嬉しい(笑)
ゼルビスよ永遠なれ!



そ・こ・で、だ。
これからバイクを乗る人にゼルビスの凄さを知ってもらうべく、
特別コーナー「ゼルビスいいなぁ〜」を開設。
カモ〜ん(上目遣いの山田花子っぽく)




★ゼルビスいいなぁ〜


<ポイント1 恐怖すら覚えるタフガイエンジンVT>
水冷Vツインエンジン(VTシリーズ)を搭載した250ccバイクである。
熟成に熟成を重ねたVTエンジンはホンダの誇りとも言えるべきタフなエンジン。
10万キロ以上走っても「〜♪」と余裕なくらいだ。
ホンダの技術力に感謝せよ!

1451
V型2気筒、だからVツイン。




<ポイント2 カッコいいカウルとスクリーン装備!>
フロント周りにハーフカウルとスクリーン(窓)が付いている。
カウル付きバイクは無条件でカッコいいし(笑)
これらがある(ゼルビス)ない(ネイキッド車種)のとでは、疲労度に差が出てくる。
ゼルビスは高速でもラクチン。あくまでも同クラスとの比較で(笑)
なお、ハーフカウルのため整備しやすい!これは嬉しいぞ!

2376
ゼルビスは〜罪な奴〜♪サザンかよ。




<ポイント3 デカイ!これが250cc?!>
何とも図体のデカイゼルビス。
横にCB400やZZR400あたりを並べてみても同格?と思えるぐらいだ。
バイクにあまり詳しくない人、ゼルビス知らない人に
「どうや!こいつは400だぜ!」と大見栄張れるであろう(爆)
言いふらすのはバレたら空しいのでやめておこう。
静かに主張すればよし。

1450
タンク容量は16リッター。太っ腹なヤツです。




<ポイント4 住宅地でも安心!静かな純正マフラー>
これは早朝、ゼルビスでどこか行かなければならない時に助かる。
アイドリングが五月蝿いバイクだと、近所から苦情がくるかもしれない。
しかしゼルビスの純正マフラーは静か。
かかっている音も目立たないので、ご近所関係も円満だ!

2374
殺風景なところがいかにも純正という感じ。




<ポイント5 シートの下は夢の大容量ボックス!>
原付やビッグスクーターにはシート下に物を入れるボックスがあるが、
通常のバイクにはほとんどない。
荷物が多いと、リュックを背負うかリアシート積載(orパニア)するしかない。
しかし、ゼルビスならシート下に7リットルのボックスが付いている!
週刊少年ジャンプやビデオテープなど入る入る。キーでロックもできる。
ちょっとした物を入れるのに大活躍間違いなし!

2371
この通りシートを開けられます。つっかえ棒付き。
2372
タウンページは入らない。




<ポイント6 小物入れで料金所通過も楽勝!>
カウル右側には小物入れが最初から付いている。
高速通行券を折らずに入れられるし、小銭やその他小物が入るスペースも。
仕切りが用意されていているのだ。
他のネイキッド車種にはない装備なので自慢できます。
これは料金所で役立つこと間違いなし!

2375
ロック機能はない。バイクから離れる時は小銭等お忘れなく。




<ポイント7 センタースタンド標準装備!>
これはタイヤを浮かせて行うメンテナンス(チェーン周りなど)で大活躍。
他の車種でセンスタが最初から付いているのはそう多くない。
まさにゼルビス万歳!

2377
黄色で囲んだのがセンスタ。




<ポイント8 メットも掛けられる!>
ちょっとバイクから離れる時に使える。
黄色で囲んでいる部分にメットの金属のわっかを掛ければよし。
これなら盗まれる心配もないし、メットも落下して傷付かないので安心!

2373
シートを開けて掛けるので、シートを閉めればロック可能。




<ポイント9 多くの荷掛けフック有り!>
ツーリングで荷物を積むときに便利。
俺も四国ツーリング時に大変世話になった。これがあるのとないのとでは大違い。
シートを開けて、フックの出し入れが可能。使わない時は収納すればいい。
ツーリングしたいけどパニアがない人には助かる装備だ!

2370
ここにコードやネットのフックをかける。




<ポイント10 250ccなので街乗りも万全!>
大排気量モデルとは違い、小回りが利くし街乗りするにはうってつけ。
更にカウル&スクリーン装備しているので、高速もオッケー。
両手に花とはこのこと!

2382
停める場所も選ばない。



どうですか?イイ事だらけではありませんか。
まぁ、デメリットもあるんやけど。
重心が高い、ブレーキの利きが若干弱い、ハザードなし、燃料残量計なし、
大排気量クラスに比べると高速走行はしんどい・・・など。

しかし・・いいんです!

ほら、ジョン・カビラ氏も言っているじゃないですか(嘘)
ゼルビスが好きになればそんなの無問題。


さぁ、今からゼルビスに乗ろう!


1960
電車が通っていない四国カルストのような僻地にも行けるぞ!





★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか?

「最高に歓迎すべき友人=ゼルビス」へ戻る