第6回讃岐うどんツアー

(06年3月15日〜17日)



4.あとがき 〜夏まで我慢できない〜



早いもので6回目のうどんツアーが無事に終了。
出発時から魚の骨事件で波乱のスタートだったが、今となってはいい思い出(笑)
魚の骨が喉に刺さりつつ香川行く人は、恐らく俺が世界初。
どうだ、まいったか(全然自慢にならん:笑)

ホテル前の駐車場にて今回のツアーは解散となった。
たけろくさん&なつこさんは愛媛へ。
むつごさんは家が香川なので近い。
都築さんとルアークさんは関西方面に戻るジャンボフェリー。
いつも思うけど別れる時の寂しさはたまりませんなぁ。楽しかったから余計に。

で、俺はそのまま大阪に戻らずに小豆島へ行くことにした。
いきなり思い立ったかのような旅だが、
実は水面下で着々とうどんツアー2日目辺りから構想していたのだ。
で、ツアー翌日も時間あるので行ってみようか、と決定。
あとバイクの調子が何ともなかったのもそれを後押しした格好。
その模様についてはコチラを参照あれ。

さて、今回のうどんツアーでかかった費用は、以下の通り。

ジャンボフェリー代(片道・126cc以上)3840円
ガソリン代1427円
うどん代5165円
宿代(2泊)8000円
美人亭1900円
和菓子屋・巴堂405円
屋島ドライブウェイ(2輪)430円
その他1700円
合計22867円(土産代は別)


去年夏の第4回ツアー(2泊3日)よりも安くついた。
これ以外にお土産うどんも買っているので、どっこいどっこいかもしれんけど。
3日行っても3万あれば超余裕だな。
諭吉3枚でこれだけ贅沢なうどんツアーが出来ますよ。
さぁ、そこのあなたも未知なる世界へGO!であります。

新規開発では唯一にしてヒットの松井うどんが印象的だった。
具材の美味さが強い気がするけど、ここはまた行きたい店の筆頭。
あとは山内かな。宮武系のうどんが好きなので、いつかまた行ってみるつもり。
他の定番店も相変わらずの美味さで安定。
この味をずっとキープして欲しいと思うが、人気出てくると味落ちる恐れもある。
そういう意味で美味いのにあまり並ばない彦江あたりは貴重な存在だよな。

今回も飲み会で三好さん、くまままさんにご馳走になった。
2日目でも書いたけど本当に最高の時間を仲間と過ごせました。
ありがとうございました。

今回は去年の3月初頭時のツアーより暖かかったので過ごしやすかった。
バイクで走るのもいいなと思ったけど、車があるのでそっちに。楽したいし(笑)
今回も楽しい3日間だった!
早くも夏が待ち遠しいぞ!で、行ってきたけどね(注:これを書いているのは9月)

たけろくさん、ツアー参加者のみなさん、お疲れ&ありがとうございました〜!!

余談ですが、これを書いているのは2006年の9月なわけです。
ようやく・・・残すは8月に行ってきたばかりの第7回を残すだけとなりました!!
怒涛の執筆で第4回〜第6回を仕上げましたからね。
これで使い回し文章も使わずにすみました(笑)

拙いレポですが、最後まで見ていただきありがとうございました。
これを見て香川までうどんを食べに行きたいと思ってくれたら、最高に嬉しいです!

うどんツアーの後は小豆島へ




★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか? 

讃岐うどんツアートップページへ