第4回讃岐うどんツアー

(05年8月24日〜26日)



3−1.ツアー本編 1日目


第4回讃岐うどんツアー 1日目
8月24日1軒目丸幸
2軒目山越 (訪問:2回目)
3軒目うえ松
4軒目岡製麺所
5軒目やましょう
6軒目カントリー
7軒目日の出製麺所 (訪問:4回目)
8軒目居酒屋・美人亭 (訪問:2回目)
9軒目こんぴらうどん (訪問:3回目)
宿泊先オークラホテル高松


注) 下の本編にある「●軒目:〜〜」のリンク先は「讃岐うどん遍路」によるその店の紹介。
ホームページやブログを持つ店があれば、その横にリンク張ってまっせ。



1軒目:丸幸
集合場所のオークラホテルからむつごさんの車で西へ。
1軒目の丸幸は高松から遠く離れた旧・飯山町(現・丸亀市)に位置している。
r18から飯山総合公園へ入った道の途中にある。多分迷わずに行けそう。
朝早く行ったので、店は空いていて快適。
外観も店内も、セルフというより一般店な雰囲気がするな。


丸幸と書いて「まるこう」と読む。
うどん屋の佇まいとしては、やけに洗練されている印象(笑)


嗚呼、宮武系。
ひやひや、ひやあつ等の呼称は宮武系以外の店では使ってないはず。


しょうゆ 180円  評価: 8点 (10点満点)

半年ぶりとなるうどんツアーの記念すべき1軒目。
最初の日の最初の1軒目はどんな店でも大抵美味く感じるが、
それでもまずかったら、いつ行っても不味いだろう(笑)
ひやあつ、ひやひやというメニュー体系、手切れ麺からして宮武系な丸幸。
宮武好きとしては、本家ほどのコシは感じられなかった。
それでも十分合格レベルにある麺だったっけ。
もう去年の事になるから記憶が曖昧で(すんません:爆)
冷たい麺の方がコシを感じる事が出来るのでおすすめ。
今度行くなら冷たいぶっかけを食べてみたいな。




2軒目:山越
香川にある製麺所の中でも一番有名なのが山越ではなかろうか。
王者の称号に相応しい製麺所の雄であり、特に釜玉は抜群に美味いと評判だ。
前回のうどんツアーで初めて山越に行って、
釜玉はもちろんの事だが、個人的にはかけの美味さに感動。10点付けたぐらい。
またこうして山越に来る事が出来て嬉しい限りだ。

飯山からだとR32とR377を走れば、程なくして見える。


今回も山越にやって来ましたよ。


開店してそんなに時間が経っていないのにもう行列。


素直にかけあたりにしておけば良かったのに、色気出して山かけにしてしまった。


庭園チックな空間も健在。日差しがきつい時には助かりますな。


山かけ小 150円  評価: 7点 (10点満点)

山かけに賭けてみたが(しゃれかよ)、どうもイマイチ。
麺そのものはいつもの山越なので問題ないんです。
問題なのは、上からかかっている山芋がどうも苦いという点。
最後の方はまるで薬っぽい味に感じ、結構辛かった。
山越はかけor釜玉あたりがベストかと思う。




3軒目:うえ松
高松空港にめちゃ近い立地。
前回のうどんツアーで行った秀にも近い。あの関西系おばちゃんが強烈な店(笑)
道の向かいに空港グランドホテルもあるので、店は容易に分かると思われる。

うえ松も初訪問の店であるが、それほど期待はしていない。
めちゃくちゃ美味いという評判を聞かないから。
まぁ、そこそこ美味いってところが相場っぽいというか。
この前評判を覆すうどんを出してくれると嬉しいんだけど(笑)


1軒目の丸幸っぽい感じがしなくもない。


ざる小 350円  評価: 6点(10点満点)

味は可もなく不可もなく、という評価に落ち着く。
強烈な個性があるわけでもないし。無難と言えば無難。
うどんが普通すぎてコメントに苦しむ典型(笑)
むつごさんが食べていた「とうふあんかけ」は完全に夏向きではない。
冬の風邪を引いた時に食べましょう(笑)




4軒目:岡製麺所
山道のカーブの途中にあるという立地が凄い。
もう路駐天国になってます( ̄□ ̄;)
山越と同じ綾川町(当時は綾上町)なので、はしごするのも良さそうだ。

この店で香川在住のTAKAOさんと、ツアー参加者のこうちゃんと合流。
たけろくさんが以前絶賛していた店なので、岡製麺所は期待しまくりです。
この店の常連?らしいTAKAOさんが肉うどんを勧めるので、それを注文。


外観だけだと、大した事なさそうなうどんが想像出来る。
しかし、ここ香川県ではその法則は通じない(笑)


肉うどん 400円  評価: 9点(10点満点)

初日の新規開発店では1番期待していた店。
肉は甘めで玉葱と一緒に食べるのが美味いです。
肉汁が含まれたダシはかつお関西風で、関西系うどんが好きな人にも受けそう。
麺はコシ至上主義というのではなく、程よい食感だ。
この肉うどんが美味かったので、また来たい店の1つになったな。




5軒目:やましょう
続いてやましょうという店へと移動。
うどん屋のレベルが高いという満濃トライアングル周辺に位置する。
ここはたけろくさんが遠い昔訪れた事があり、それ以来の訪問らしい。
何でもダシのブレンドが鍵を握るとか。
と言う事はダシのブレンド次第で美味くも不味くもなる可能性があるというのか。
密かな期待を胸に秘め、いざ行かん!


r200沿いにある。近くには満濃町役場があるはず。


小 170円  評価: 7点 (10点満点)

だしのブレンドが命、らしい。
しかしその事をすっかり忘れていて、普通にテーブル左端のだしをかけただけ。
天かすの油が悪くてイマイチだった。残念。
麺はそんなに悪くない、何か硬かった気がしたけど。
ブレンドしていないだしが微妙なんだよな〜塩辛い。
そして満腹気味な俺が居た。
今後のうどん屋・・・かなりの苦戦が予想できる(沈)




6軒目:カントリー
うどんツアーのバイブル「全店制覇」に載っていない店。
香川のうどん屋のほとんどを網羅している本に載っていない店、
そんなレアなうどん屋はとても気になってしまいますね(笑)
また、四国新聞の讃岐うどん遍路にも未掲載。こいつは手強そうだ。

店の場所は確か宮武とかの近くだったかな。


看板のフォントがやけにかわいらしい。周囲は田園が広がる香川の典型的風景。


へたれたルアークさんと、やましょうでダウンのむつごさんは車内で休憩。


小 値段不明  評価: 7点 (10点満点)

今から1年前、しかも印象に残っていないうどんを語るのは容易ではない(笑)
覚えている事といえば・・・
麺が細い、量が多い、満腹気味だったことくらいかなあ。
あと、作業着の人が大量入店して来た事か。むしろうどんよりこの方が印象的(笑)
再訪はあるのだろうか、となると多分ない。
不味くはなかったと思うが、特別美味いと感じたわけでもなかったはず。




7軒目:日の出製麺所   店のHPはこちら
香川と言えば、うどんツアーと言えば、ここは外せない。
初訪問の時のうどんの美味さに感動し、お土産うどんの美味さに感激。
今回4回目の日の出製麺所訪問なわけだが、店主の三好さんが不在だった。
しかも宮崎の方へ行っているとか。たけろくさんと完全真逆だ。


店の前にあるディスプレイには、うどんの大会で獲得したトロフィーや盾が鎮座。
トロフィーや賞状が飾られている店は不味い場合が多いが、ココは例外である。


ぬるいの小 100円  評価: 8.5点 (10点満点)

麗しきうどんの造形美。いつも綺麗な麺してます。
今回は閉店後だったにも関わらず、お店の人のご好意により食べることが出来た。
感謝感激です。グミっぽい食感を持つ麺は日の出特有。
これが好きだから毎回来たくなる店になってしまう。今度来る日が楽しみだ。
お土産までいただいて本当にありがとうございました。




8軒目:居酒屋・美人亭
日の出製麺所で初日の昼の部が終了。
むつご車で高松まで戻る車内でほぼ爆睡状態。
うどんは食べまくるとかなり眠くなります。バイク移動じゃなくて良かった(笑)

高松市内のホテルで休憩&爆睡した後は夜の部がスタート。
俺はどうもさっきから腹が痛ェ!!( ´д`)
薬を飲んでもあまり変わらず、憂鬱な気分である・・・

1軒目は居酒屋・美人亭。
うどんではなく、居酒屋というのがいいのだ。
ここの居酒屋は日本居酒屋紀行で取り上げられた店で、著者の太田和彦氏も絶賛。
前回のうどんツアーで初めて行ったが、美味いし、もう最高だった。
今後のたけろくうどんツアーで来る人は、もれなく美人亭が付いて来ますよ(笑)

今回と、次回の第5回ツアーまでは初代デジカメS20。
写真がしょぼい&ボケ気味ですんません〜〜
って、前回の美人亭でも同じ事書いていたような気がする。

ビールで乾杯した後、里芋やいいダコを食べたが、体調不良は変わらず。
いつの間にか寝ていたようです(笑)


いいダコがやたら美味かった記憶あり。里芋の味付けも素晴らしい。


ヒラメの刺身かな。これも絶品だった。


何の魚だったかな(´д`) ツアー参加者は是非ご一報を(笑)


炭水化物ばかりのうどんツアーなので、野菜類は超貴重。


したびらめの揚げ物。カリカリしていて美味い。


各種魚料理 1人2100円  評価: 9点 (10点満点)

屈辱のダウンを喫したが、終わりの方では復活。
気を遣ってくださった女将さんに感謝です。
うどんツアーでは無理は禁物だな。
完食できなくてもいいじゃない、人間だもの。って、相田みつをかよ(笑)
とまぁ、何事も調子に乗りすぎるのは良くない、と。

さて、美人亭の料理だが、素朴で粋を感じる。美味いの一言に尽きるねぇ。
前回の春ツアー時とは瀬戸内でとれる魚の種類が変わっていて面白いし、
それらがまた美味いのだからたまんない。
今回1番ヒットしたのはいいダコか里芋だな。
高松に来たら是非どうぞ。




9軒目:こんぴらうどん   店のHPはこちら
初日夜2軒目は細切りざるが余りにも有名なこの店。
ライオン通りに面したおり、美人亭からだと歩いて5分程度で着く。

細切りざる、しゃぶしゃぶ肉うどんを初めとした人気メニューが多い店だが、
各界の著名人も多く訪れている事が判明した。
こんぴらのホームページのここを参照されたし。
芸人から歌舞伎役者、国会議員、果ては西武黄金期の監督を務めた森祇晶氏まで。
キムヨンジャまで来ているのには驚いたが(笑)


これはたけろくさんが頼んだ冷麺。
香川らしくうどんの麺を使った冷麺に、一同興味津々。
食べてみた所、やはり本場仙台の冷麺には劣るとたけろくさん曰く。


烏龍茶 300円  評価: 5点 (10点満点)

美人亭でダウンした余波はまだ続いていた。
未だに治らない腹痛の為、烏龍茶で急場を凌ぐ。
烏龍茶を評価する事はこれが初めてになると思う(笑)
自販機だと120円、ここだと300円。味に大差はない。
夜の店は烏龍茶も高いんですね(笑)



夜の部2軒をこなし、TAKAOさんとお別れ。
俺らは今回の宿泊先である「オークラホテル高松」を目指す。




宿泊先:オークラホテル高松   ホテルのHPはこちら
前回宿泊した義山荘はいろんな意味で伝説を築いた。
しかし、俺らはそんな伝説など要らない(笑)
もっとまともで安いホテルがいいのだから。

今回宿泊したのは琴電片原町駅の東の方にある「オークラホテル高松」
地図で見るとすぐ近くに競輪場がある。


予約を取ったたけろくさんも初めて、俺も当然初めて。
義山荘の件があるだけに多少の不安もあったが、ここはいいホテルでした。



今朝のうどんツアー集合時に撮影。
ビジホという感じがしない高級感漂うホテル。
この時点で「義山荘より酷いわけない」という安心感を得られたのは大きい(笑)


バイクを止めるスペースもあるので安心。
しかし、真夏の日差しは凄くて、
次の日、サイドスタンドを立てている部分のアスファルトが陥没(汗)


オークラホテル高松 2泊8000円  評価: 8.5点 (10点満点)

恒例の箇条書き方式でオークラを評価。

良かった所。
・外観がビジホらしくないビジホ。
・2泊で8000円は安い。
・駐車場タダ。バイクもOK牧場。
・LANケーブルを無料貸し出し(義山荘にはない)
・門限がない(笑)
・夜の店に移動するにも容易い立地。
・少し歩けばローソンがある。

ダメな所。
・ビジホの宿命と言えばそれまでだが、部屋のライトが暗い。
・大浴場とかがない(多分)
・荷物が多い我々からすれば、エレベーターが少し狭いかな(^_^;)

総合で見ると、かなり使えるホテルだと言うのは間違いない。
今まで泊まった香川のホテルの中でも最高。
今後のうどんツアーはここを根城に、活動していく事になりそうだ。
というか、そうなっているし(笑)
この文章を書いているのは第7回うどんツアー終了後です(爆)





天国か?地獄か?史上初の東讃ツアー、2日目へ