第4回讃岐うどんツアー

(05年8月24日〜26日)



1.計画 〜壮大なる旅の前半=うどんツアー〜



「夏が来るぅ〜きっと夏が来るぅ〜♪」

カウントダウンTVご覧のみなさん、こんばんわ。大黒摩季エクシです(おい:笑)
・・・意味不明な書き出しとなりましたが、2005年の夏が来ました。

夏と言えばツーリングだよ ライダー集合ってな感じです。

実は前回のツアーでたけろくさんに触発されバイク熱が上昇、
遂には普通2輪の免許を取得するにまで至りました。
教習は1回コーナーでこけただけで、後はすんなり合格まで突き進みました。
バイクの教習はホント楽しかったなぁ〜車の時とはえらい違いです。
出来ることならずっと教習を受けていたかったぐらい。
それは何故か?
バイク買う金ないので、卒業したらしばらく乗れないから(´Д`)
ここにもボンビーっぷりを遺憾なく発揮。

教習所を卒業してしまうと、早くバイクに乗りたくて仕方ない。
乗りたい・・・けど、乗れない。でも乗りたいんじゃーヽ(`Д´)ノ
もうこれは立派なライダー病です(笑)

調べていくとローンでもバイク買えそうなので、あれやこれや情報収集を開始。
好み・値段・クラス・見た目など様々な観点から欲しいバイクを4つ選出。
90年からロングセラーを続けているカワサキの「ZZR250or400」
太いリアタイヤと初心者にも乗りやすい「ホーネット」
教習車にも採用され、扱いはもう慣れている「CB400」
この3つは現行車で、新車・中古でも買える。ユーザーも多い。

しかし、最後の候補はかなりマイナー。
今は絶版で生産されていないホンダの「ゼルビス」

何故これを候補に挙げたのかというと・・・まずデザインに惚れた。
維持費が安い250cc、タフエンジン、カウル付きがカッコいい、とにかく惹かれた。
デメリットは中古しかないので、新車のようにはいかない点と、
古いバイクなのでアフターパーツとか少ない点。
でも一度ゼルビスへの思いが着火すると、もうひたすら直線番長と化す俺。
他の3候補を考える比率は日を追うごとに低くなり、
いつしか、ゼルビスの事しか考えなくなっていた。

そして、2005年5月11日。
グーバイクで見つけたゼルビスを置いているバイク屋まで出向く。
状態もかなりいい美車で、最初のエキゾーストを聞いた時、運命を感じた。
ああ、もうコイツしかないな、と。女性だけでなく男も運命に弱いようだ(笑)
それから・・・ゼルビスと一緒に色んなところに行った。
うどんツアーもこいつと一緒に行きたくなるのは至極当然。
香川に行くから、ついでに四国も回ってみようと更に壮大な計画を立てた。
最初の3日間をうどんツアーとし、その後の3日か4日で四国各地を回る・・・
もう計画段階から、楽しくて仕方ない(笑)

今回も宮崎在住のたけろくさんが主催するうどんツアーに参加。
そのたけろく御大の夏は凄い事になっている。
長期に渡り、北海道から東北を経る長いツーリングを敢行。
その後関西入りして、うどんツアーに行くという。スゲェよなぁ。。。

ツアーのプランニングの一助をこなしつつ、出発の日がやって来た。
時間もあるので、早めに出て淡路島へ行ってみることにした。
国生み伝説が残っている沼島(ぬしま)にも興味があるし、ちょうどいい機会。
夜まで淡路島をツーリングしてから、神戸港へ行ってジャンボフェリーで香川入り。
最初はこの予定でいくはずだった。




最大規模の旅行の前、まずは淡路島へ!