第3回讃岐うどんツアー

(05年3月2日〜4日)



3−3.ツアー本編 3日目


第3回讃岐うどんツアー 3日目
3月4日1軒目山越
2軒目宮武うどん
3軒目清水屋 (訪問:2回目)
4軒目SIRAKAWA
5軒目さぬきラーメン・はまんど
6軒目橙家 (訪問:2回目)


注)下の本編にある「●軒目:〜〜」のリンク先は「讃岐うどん遍路」による店の紹介。
ホームページやブログを持つ店があれば、その横にリンク張ってまっせ。



1軒目:山越
恐さぬの時代から有名な山越。
今や香川のみならず県外にも広く知れ渡るうどん屋と言えよう。

とにかく釜玉が有名。これが山越を超有名店に押し上げたと思われます。
山越は是非行ってみたかったが、過去2回のツアーはオール電車での移動。
店のある場所は綾上町と言う香川南部の田舎で電車駅から遠すぎるのだ。
その為に今まで山越は断念していた経緯がある。
それだけに、他で山越の絶賛ぶりを見る度に「羨まC!!」と思っていた(笑)

しかし、今回・・・遂に山越に行く時がやって来た。
ファースト山越。どんな麺が出てくるかワクワクドキドキでしたわ(笑)


店外観。
土日はこの辺が長蛇の列になるという。うどんブーム時はもっと凄かったらしい。
観光バスとか来ていたんじゃかなったかな。蒲生にも来ていたらしいし。


店内はおばちゃんらが麺を茹でたりしています。
見詰め合う俺とおばちゃん(笑)



昔はこんな中庭とかソフトクリーム屋とかなかったそうだ。
近くに駐車場も何箇所か出来ているし、マンモス化している山越。


釜玉小 150円  評価: 9.5点 (10点満点)
かけ小   評価: 10点 (10点満点)


恐るべき讃岐うどん、恐るべし山越。
名物の釜玉を食べた時、また脳裏に味王様が降臨しそうになった(爆)
コシ良し、卵との絡み良し、しょうゆ良し。
美味過ぎ、安すぎ。これで150円って。香川県民が心底羨ましく思えてくる。
しかし、衝撃はそれでは終わらない。
試食したかけうどんがそれ以上に美味い!個人的にはあの彦江をも凌駕するかも。
再訪は必至で、香川行く度にここは外せないかなぁ。



山越近くの羽床上小学校前で発見。
顔色がゾンビみたいで凄く不気味である。
都市伝説で夜になると目が光って道路を渡るとかあったら・・・
((((;゜Д゜)ガクガクブルブル





2軒目:宮武うどん
当初2軒目を予定していた「清水屋」の営業時間が1時間も早いことが判明。
そこで急遽琴平にある「宮武」へ。清水屋からは車だと割りと近い。
宮武と言えば、県内にある宮武ファミリー(山内、松岡、あたりや等)の総本山。
いわゆる親玉的存在(笑)
山越辺りに比肩するぐらい有名で、「どっちの料理ショー」にも出ていた。
その時は盛岡冷麺に負けていたけど。派手な冷麺には勝てません(笑)



県道47号線沿いにある宮武。
昔は見つけにくかったらしいが、駐車場が出来て見つけやすくなった。


県外からの客が増えてるまでは、店前に自販機なんかなかったんだろうな。


ひやあつ小 300円  評価: 9点 (10点満点)

手切れという完全手作業による麺が独特。
見た目からして讃岐の素朴なうどんで、洗練された麺とは正反対。
ダシもいいし、トータルバランスが良い。
ゲソ天も衣が厚いけれども美味いし、また訪れたい店の1つ。
でも、ここのうどんって結構高い。300円だった。
池上とか日の出とか山越が安すぎるのかなぁ(笑)




3軒目:清水屋
開店時間が来るまでは車内で時間を潰し、開店と同時に清水屋入店。
正月ツアーで初めて来てから2ヶ月。
短いスパンで来れるとは思ってなかったので嬉しい。

まだ店内は俺ら以外の客は居なくて、まったりとうどんを食べる事が出来た。
今日もここでAさんと合流。かわいらしい女の子(もうすぐ3歳)もご一緒。
この齢にしてうどんを食べる。将来が楽しみだ?!(笑)


ぶっかけ小 210円  評価: 7.5点 (10点満点)

この前食べた「肉玉ぶっかけ」にしようかと思ったけど、普通のぶっかけにした。
それほど濃くないぶっかけだしに、もっちりした麺。
前回の肉玉ぶっかけのハーモニーには及ばないが、味はイケてる。
レモンをかけなくてもあっさり食べられるのがいい。




4軒目:SIRAKAWA   粋な店主のブログはこちら
4軒目は香川の西にある山本町の「SIRAKAWA」という店。
2006年3月でオープン2周年となる。
店主の白川さんは高校のうどん科を卒業した人。
以前はさっきの清水屋で働いてた。

修行を積んだ後、店を出したら最初からえらい人気。
橙家と言い、清水屋といい、香川西部のうどん屋がアツイ!


SHIRAKAWAではなく、SIRAKAWAなのは店主曰く「Hじゃないから」だとか(笑)
また、うどん屋では珍しくblogを持っていて、
親しみやすい白川さんのキャラが垣間見れますよ。


えびちくぶっかけ小 430円  評価: 8.5点 (10点満点)

カウンター席しかないけど店内の雰囲気も良く、明るい店。
えびを練りこんだちくわが気になって頼んだ「えびちくぶっかけ」がヒット。
揚げたてのちくわがこれまた美味い。これだけでも満足できそう。
麺のコシとツヤにも驚かされたし、薄めのダシが優しくていいねぇ。
満腹に近づいていたけれど、食べきる事が出来た。これがまずいと残していた。
基本がしっかりしていて、安心して行ける店だなぁと思った。
西讃のうどん屋は密かにレベルが高い気がする。




5軒目:讃岐ラーメン・はまんど   店のHPはこちら
香川には「盛の大将」という人がいる。
ハンドルネームではなく、そう呼ばれているのだ。詳しい由来は知らないけれど。
讃岐うどん王選手権で優勝したり、恐るべき讃岐うどんでも登場したり。
そんなこんなで有名な盛の大将が讃岐うどんならぬ、讃岐ラーメンの店を出した。

「讃岐うどんがあるなら、讃岐ラーメンがあってもいいんじゃないか」(笑)

それが4軒目に行く「はまんど」である。
場所がこれまた辺鄙なところにあり、車とかじゃないと来るのが難しそう。


店入口。この後訪れる讃岐ラーメンとの対峙、果たしてどうなる?!


店内には色々貼り紙が貼られていて、注文の多い料理店ならぬラーメン店。
少し独特の雰囲気がそこにはある。


あっさり 500円  評価: 7点 (10点満点)

讃岐うどんのダシをラーメンとミクスチャーさせた感じ。うどんラーメン。
あっさりとは言うものの、何だか辛い気がした。
決して不味くはないけれど、味がどうも漠然としている感じを受けた。
何軒もうどん屋を回っているので、味覚がおかしくなったのかもしれない(笑)
試食した讃岐野みその方が美味かったな。



香川の日常風景。
心からまったりしようではないか。





6軒目:橙家
3回目のうどんツアーも最後の店となりました。
西の詫間町にある「橙家」。
この前の正月に初めて行って、肉汁つけうどんに感動。
天ぷらがめちゃ美味いと聞いていたが、他のメニューでも凄く美味い。
だから今回はオススメの天ぷら系うどんを食べてみる。


えび天おろし 590円  評価: 9点 (10点満点)

腹が満腹な時でも美味いと思えたうどん。
喉ごしの良い麺が洗練されていて、天ぷらを含めて割りとあっさり食べられる。
サクサクした天ぷらは使っている素材そのものがいいのと、油かなぁ。
海老天もいいが、個人的には大根をしそで巻いたヤツが特に美味かった。
ツアーではなく、昼ご飯で食べに来たら物凄く満足出来そうな逸品。
うどんツアーのフィナーレを飾るには最高の店ではなかろうか。
遠いけど(笑)




第3回のあとがきへ