第3回讃岐うどんツアー

(05年3月2日〜4日)



3−2.ツアー本編 2日目


第3回讃岐うどんツアー 2日目
3月3日1軒目彦江 (訪問:2回目)
2軒目堂尾
3軒目亀城庵
4軒目日の出製麺所 (訪問:3回目)
5軒目オビカ食品
6軒目ぴっぴ庵
7軒目百こ萬
8軒目居酒屋・美人亭
9軒目こんぴらうどん (訪問:2回目)
10軒目バー・まんま
宿泊先義山荘


注)下の本編にある「●軒目:〜〜」のリンク先は「讃岐うどん遍路」による店の紹介。
ホームページやブログを持つ店があれば、その横にリンク張ってまっせ。



1軒目:彦江
2日目はなつこさんを迎えに高松東港へ行き、それからうどんツアー開始となる。
1軒目は最強クラスの強腰麺を誇る「彦江」。
讃岐うどんの世間一般的なイメージ「コシがあるうどん」を表現したかのよう。
俺も以前訪れた時は、その麺のコシに驚きを隠せなかった。
そんなうどんをまた食べる機会が出来て、かなり嬉しく思ったなぁ。

この彦江での写真も使いまわしです(爆)
今度からちゃんと撮っていきますので、よろしく。


相変わらずうどん屋だとは分からない外観。

この店は開店が8時40分と早いのはいいけど、天ぷら類が届くのが遅い。
今回もちくわ天とのご対面はオアズケ。次回こそは!(いつになるねん:笑)


かけ小 130円  評価: 9点 (10点満点)

以前とほぼ変わらない(若干コシが柔らかく感じた)味に再び感動。
素朴な佇まい、雰囲気、イリコダシの臭い・・・
香川のうどん屋に居るんだなぁと感じる。
前にも書いてあるけど・・・ネギの辛いのはどうにかならないかな。
彦江唯一の弱点かもしれない。惜しい。




2軒目:堂尾
ここは全店制覇にも讃岐うどん遍路にも載っていない。完全な穴場。
おばあちゃんが1人でやっている店で、外観はうどん屋だと分からない。
初めてうどん屋だと分かった人は凄いと思う(笑)
コナンさんがさっきの彦江で体調を崩していて車内で休養。その為4人で入った。

ここの店内、雰囲気がいい。
入った瞬間から、他とは違う世界が広がっているというか。
田舎のばあちゃん家に居るかのような感じ。


昔ながらの使いこまれた道具たち。大きな釜も魅力的に見える。


堂尾のおばあちゃん。
他愛もない会話、為になる会話、重みがある言葉に耳を傾けよう。


ここで初登場。なつこさん。イギリス帰りの帰国子女だ。
ブレているルアークさんがいい(笑)


かけ小 おばあちゃんの好意によりタダ  評価: 7.5点 (10点満点)

とても純朴で作り手の心がこもったうどん。
風邪とか体調の悪い時に食べると、丁度いい感じの優しい味付け。
味としてはトップクラスには及ばないけど、おばあちゃんとの話すのが楽しい。
旅人はこういう店に行くと、きっといい思い出が出来ると思う。
また今度行った時、是非お代を払わせてください(笑)




3軒目:亀城庵   店のHPはこちら
3軒目はたけろくさんも行った事がない店、亀城庵(きじょうあん)。
JR坂出駅の改札出たところ真正面にある。
ここで実際食べにいったのは俺とたけろくさんだけ。
コナンさんはお休み、なつこさんもルアークさんもパスして寝ていた。
味に保証がないし、他の美味いと分かっている店で食べる為にパスは有益。
しかし、チャレンジャーな俺はパスするわけにいかなかった(笑)
まだまだ腹の方も大丈夫だ。

アクセラを坂出駅のすぐ近くにあるサティ駐車場に停め、いざ行かん。


楽天のうどんランキングで1位になったこともあるらしい。
駅にあるので、18きっぷ旅行者で讃岐うどん食べたい人にはいいかもしれない。



舞茸天ぶっかけ小 480円  評価: 7点 (10点満点)
かけ 250円  評価: 5点 (10点満点)


舞茸天ぶっかけは舞茸が思ったよりもイマイチ。
麺は結構ツルツルしていてコシもある。
かけの方は関西系のうどんが好きならば問題なさそうなダシ。
とはいえ、特別に美味いわけでもなく普通。
近くにあればちょくちょく行く店かもしれないが、香川で食べる程でもないかな。
旅先でまずいうどんを食べたくない人には無難でいいかもしれないが。




4軒目:日の出製麺所   店のHPはこちら
お馴染の日の出製麺所。坂出トライアングルの一角(命名者エクシ:笑)
今回で3回目の訪問となるが、いつ行っても店内は客の活気で満ち溢れている。
狭い店内だが、1時間食堂を開放してくれて食べさせてくれます。


やっぱり?今回も悪天候。俺は雨男なのか。
この忌まわしき記録、次回こそ止めてみせる!


ぬくいの小 100円  評価: 9.5点 (10点満点)

日の出歴3回目のして初めて食べた「ぬるいの」。
食べてみるとこれまたバリ美味。麺の味がダイレクトに舌に伝わる。
コシあり、食感よし、喉ごしオッケー、麺も美しい。そした激安。
俺は今、凄く贅沢をしているのではないかと思ってしまうハイレベルなうどん。
三好さん、スタッフの皆さんの努力の賜物でしょうな。この美味さ。
通販で何回注文して食べても、また来たくなる店がここです。




5軒目:オビカ食品
日の出の三好社長が教えてくれた店。
全店制覇にも四国新聞の讃岐うどん遍路にも載ってないレアさ。
市場の中にあるので、一般の人間が偶然見つけるのはまず有り得ないであろう。
案の定、地元の常連さんばかり。
オビカと聞いて、宮崎の小京都・飫肥(オビ)を何となく連想。関係ないだろうが。


らくれんの自販機自体珍しいが、それもかなり古い。
硬貨入れても反応しなさそう(笑)


かけ小 150円  評価: 8点 (10点満点)

麺がもっちりしていて、ダシが少し独特。でもまずくなく、なかなか興味深い味。
むしろ美味い部類で、家の近くにあると重宝しそうなタイプのうどん。
天かすがもうちょいサクサクしていると良かったかなぁ。




6軒目:ぴっぴ庵
この日6軒目の「ぴっぴ庵」。ゆずを練りこんだうどんが食べられる店のようだ。
このあたりになると、満腹へのカウントダウンが始まっていた。
気分悪いわけではないが、うどんを見ると「うげぇ(´Д`)」みたいな(笑)
それでも食べたい・食べなければならない気分になってくる。不思議なもんだ。


うどん屋の店前にガチャガチャが置いてあるとこって、普通ないよな。
近所のおもちゃ屋の前なら分かるけど。
昔はドラゴンボールのカードダスとかビックリマンシールとかが、
ガチャガチャカプセルの中に折り曲げられて入ってたけ。
ドラゴンボールはカードダス専用機よりキラカードが入っている確率が高く、
金がある時はガチャガチャを回してたなぁ・・・懐かしい。


ゆずぶっかけ小(冷) 290円  評価: 6点 (10点満点)

見た目は普通の麺ですが、ゆずが練りこまれています。
多少予想していたけどゆずが強い。そのせいでくどく感じられた。
かけだしを多めにかけても、ゆずの強さを負かすことは出来ず。
満腹気味なので、こういう時はあっさり系がいいと思ったがそれが裏目。
普通のうどんを食べればよかったかなぁ・・・と。
290円が高く感じるのは香川ならではか(笑)




7軒目:百こ萬
2日目の昼の7軒目はこの「百こ萬」。「ひゃっこま」という。
変わった店名なので、インパクトはデカイ。似たような名前より好感が持てる。


四国なんとか村?というところの中で営業しているうどん屋。
近くにミリタリー関係の店舗とかあった。


ここの大将が面白い人で、色々なうどんも考えているみたい。
その一つの「ダイエットうどん」は特に興味深い。完成すると女性客が増えそう。
食とダイエットの両立、これは全人類の儚き願いの一つだろう(笑)


しこざる小 240円  評価: 7.5点 (10点満点)

麺が細い。そして長い!あと、麺の色が緑色なのにはビックリした。
見た目の配慮はいい感じ。何故緑色にしたかは謎ですが。
冷のメニューだったけど、思った以上に冷たい麺なので夏向きかも。
満腹でヤバかったけど、見た目だけで刺激を与えてくれて、何とか食べきった。



百こ萬で2日目昼の部終了し、高松のホテル義山荘へ帰還。
アクセラの乗り心地はめっさ気持ちよく、スイマー(睡魔)との戦いだ。


ルアークさんがこの日で山梨に帰るので、義山荘で見送る。
ちなみにルアークさんが乗っているバイク、今はライムグリーンに塗装。

それにしても途中で帰るって、どんな気分なんだろう。
凄く美味いうどん(それも新規)を他メンバーが食べているレポ見たら、
やっぱり悔しいだろうな(笑)

見送った後、夜の部開始までホテルの部屋で爆睡。




8軒目:居酒屋・美人亭
太田和彦という全国の居酒屋を回った人がいる。
CSの旅チャンネルで放送されていて、好評を博しているという。
その一部を厳選した「日本居酒屋紀行」という本でも紹介。
たけろくさんがその本を見て色んな所に行ったところ、どれも絶賛。
そこで今回、高松でその居酒屋紀行で紹介されている店に行く事になった。

そして今回行って来たのが「美人亭」という居酒屋。
店の場所が分かりにくいので、順を追って説明してみる。

まずはライオン通りを南下すると国道11号にぶつかる。
信号を渡り、今はなき讃岐家の角と反対側へ行く。
雑居ビルみたいなところの1階奥に美人亭はある。

店内はカウンターと座敷が少しあるだけ。でも雰囲気良し。
女将が1人で切り盛りしている店で、何とココは値札がない。

一見、ボンビーさんには((((;゜Д゜)ガクガクブルブルですが、

大体の予算を伝えておくと、それで収まるようにしてくれるので無問題。

注文はカウンターに並んでいる瀬戸内海で獲れた魚を見てオーダーする感じ。
調理方法もおおざっぱに「煮るか、焼くか、揚げるか」で指定出来る。
女将に任せてしまうのもありかもしれない。

写真がしょぼくてすんません。この時のデジカメはS20だったもんで(´Д⊂)
腕もショボイ(笑)




各種魚料理 1人2100円ぐらい  評価: 9.5点 (10点満点)

もうどれをとっても美味すぎ。
特にファーストインパクトのつきだしには驚かされた。
もちろんつきだし以外もめちゃ美味。味皇様がここにも降臨してきそう(笑)
刺身も普段食べているものより完全に上。最高。
いかなごの天ぷらもサクサクで、これでいかなごが好きになったぐらいです。
地元の客しか知らない店だが、居酒屋紀行で紹介されて県外客も増えたそう。

優しい笑顔の女将も魅力的。
太田和彦氏の「いい酒いい人いい肴」を確実に満たしている。
うどんツアーの夜、ここは欠かせなくなると実感した。
香川までうどん食べに来るついで、と言うかこれ目当てでもおかしくない名店。




9軒目:こんぴらうどん
昨日に続いての連日訪問。だって美味いもん(笑)
この日は昨日食べた別作土鍋カレーうどんとは違うメニューにした。
それは、しゃぶしゃぶ肉うどん。肉好きならばまずこれを頼みたくなるうどん。

高いけどね・・・(´Д`)


たけろくさんが頼んだねぎうどん。ネギ一面のあっさりダシがナイス。
向こうのはコナンさんの梅うどん。これも美味そう。


しゃぶしゃぶ肉うどん 980円  評価: 9点 (10点満点)

こんぴらうどんのオススメメニューは多い。それだけ美味くて安定している。
このしゃぶしゃぶ肉うどんも例外ではない。
麺のいい塩梅のコシ、美味いしゃぶしゃぶ肉。
また肉とダシのバランスも良い。これは美味い。
満腹に近くても細麺なのでどんどん食べられるのもツアーには嬉しい。
980円と高いが、この美味さなら然したる問題ではないかと。
写真を見て俺は今・・・猛烈に食べたくなった!(笑)




10軒目:バー・まんま   店のHPはこちら
日の出製麺所の三好社長に連れて行ってもらったバー「まんま」
場所はライオン通り、こんぴらうどんのすぐ近くにある。
通りから階段を登ったところにあるので見落とさぬように。

三好さんを囲んで、うどん業界に関するディープな話から、身の回りの話など。
美人な奥さんの話も出たかな?もう半分忘れかけだけど、多分出ただろうな(笑)
とても充実していて楽しい時間を過ごす。

あと、写真撮るの忘れた・・・(+_+)


各種酒 三好さんにゴチになりました  評価: 8点 (10点満点)

まんまオリジナルの日本酒はフルーティーで飲みやすい。
日本酒の既成概念を打ち砕くニューウェーブと言えよう。
まだ純粋な日本酒の旨さが分からない俺には丁度いいかも(笑)
他のひめぜん、リヴァン7も炭酸が入ってて凄く飲みやすい。女性にもオススメ。
ママのキャラが楽しくて最高。酒に関する知識も相当なものでとても勉強になる。
三好さんの親しみやすい人柄は天性のものでしょうか。
本当にありがとうございました!




香川最強か?遂に山越デビューを果たす3日目へ