第2回讃岐うどんツアー

(05年1月3日・4日)



4.あとがき 〜2日9軒を回ってみて〜



第2回うどんツアーはナインで行けなくなった松下を除き、全店完食に成功。
うどんのおかげで大食いしても大丈夫な胃を手に入れたようだ(笑)

第2回うどんツアーでかかった費用は、

大阪⇔三ノ宮往復780円
送迎バス200円
ジャンボフェリー1350円
琴電フリー切符880円
1日目の電車賃1820円
18きっぷ1回分2600円
うどん代2909円
宿代4410円
携帯充電器1029円
その他2000円位
合計17588円位(土産代は別)


今回は2日間のツアーだったのでその分高くなった。
余計なもの(スリムチュージャー)を買わなければ、あと2000円は安く出来る。
今回と前回の1日あたりの費用を換算したところ、今回の方がやはり高くついた。
要因としては・・・
うどん屋を回った数が今回の方が多いし、無駄な買い物もあったから。

うどんツアーする際には「全店制覇」があると心強い。
俺もかなり助かったし、さぬきうどんツアリストのバイブル的存在。
でも目印の少ない店に行くには少々頼りないので、県別香川道路地図があれば完璧。
まぁ、ここまでしなくてもいいと思うけど(笑)
全店制覇は、香川・岡山を中心に全国展開する宮脇書店でも買えます。
ヤフオクで検索してあれば多分安く買えるだろうけど、最新版は望めなさそう。

冬のうどんツアーは防寒対策が必須だと実感したなぁ・・・ホント。
瀬戸内海性気候だから、結構暖かいと思っていたらとんでもない。
早朝の高松なんか氷点下だったし、日中もあまり気温が上がらない。
加えて電車によるツアーだから、駅(特に無人)で待っている時は最凶に寒い。
車がある人は、間違っても冬の電車使用のうどんツアーは止めておくべき。

電車でを取ろうとして、撃沈した俺が言うのですから(笑)

「寒さが俺の元気の源なんじゃい!」
という様な、チャレンジャーな人は是非電車で敢行してみてください(^_^;)
ガリバーくん的に言えば、間違いなくガリバーくんの旅。
そんな状況下で苦労して、電車を乗り継いでまで食べるうどん・・・
これが美味いともう最高ですよ。逆だと最悪で、うどん嫌いになりかねんかも。

新規6軒を含む9軒を回った第2回。これでトータル12軒制覇。
まだまだ目標の100軒は遠い(汗)
今回は味的に「ゲッ、これは駄目やろ」と感じる店はなかったな。
割と評判のいいところばかり行ったので、そうなってもらわないと困るわけだが(笑)

今回行って、また次も行きたいと思った店は、
「池上」「おか泉」「橙家」「蒲生」「日の出製麺所」「清水屋」かな。
特に初訪問の橙家はかなり良かった。
場所が辺鄙で一般店で高いけど、文句なし。
店を構えてからまだ2、3年なのにあのクオリティ。
これからこの店がどんな成長を遂げるか楽しみ。恐るべき大型ルーキー・橙家(笑)

池上もあの安さで最高級のうどん出すし、日の出製麺所も大のお気に入り。
あと、赤坂のおばちゃんの話し方が面白かったのが印象的(笑)
2回のツアーを経て、今後香川とうどんがますます恋しくなると感じました。

拙いレポですが、最後まで見ていただきありがとうございます。
これを見て香川までうどんを食べに行きたいと思ってくれたら、かなり嬉しいっす!



★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか? 

讃岐うどんツアートップページへ