第2回讃岐うどんツアー

(05年1月3日・4日)



1.計画 〜初のお泊りツアーへ〜



2004年3月29日の高松日帰り旅行。うどん屋2軒訪問。
同年9月10日の第1回讃岐うどんツアー。うどん屋4軒訪問。
こうして、うどん王国・香川を身近に感じるようになって半年・・・

以前まで香川のイメージと言えば、漠然とうどんや金毘羅さんぐらいしかなかった。
それも別に魅力的に感じていたわけでもなく。
しかし、讃岐うどんに触れてからは香川に対する認識が180度変わった。
香川という土地に惹かれている自分がいた。
うどんに対する認識も大きく変わったのは既に別項で述べている通り。
香川の風土・歴史・地勢・文化・・・
それらと密接に関わりを持つ讃岐うどんの世界に俺は魅了されたのだ。

地元の人から根強い支持を受けている店。
いつ行っても行列が出来る店。
のどかな風景の中に溶け込む店。
うどん以外のサイドメニューが充実している店。
おばあちゃん、おばちゃんが奮闘する店。

香川にはうどん屋が800軒以上(全店制覇2005年版より)あると言うが、
俺はこの時点でまだ6軒。

800軒と仮定した内の、0.75%しか行ってない( ゚д゚)

なんとまだ1%にも満ちていない。香川恐るべし。ディープ過ぎるぜ。
うどんへの果てのない探究はまだ始まったばかりだ。

そもそも正月に香川に行くなんて、当初思いもしなかった。
しかし、日の出製麺所のうどんを何度か注文している内に・・・

讃岐うどん飢餓症状発生(笑)


以下、香川に旅立つまでの経緯。

Step1 「旅行したいなぁ〜安上がりで」⇒18きっぷ1回分お買い上げ
Step2 「休みは正月だけ。普段出来ない事をしたい」⇒旅行よりうどんツアー?
Step3 「正月にうどん屋空いてるんかな?」⇒調べていくと香川行きたい度上昇
Step4 「日帰りはキツイ。泊まりで行こう」⇒安い健康ランドは満員で取れず
Step5 「安いビジホにしよう」⇒楽天など調べ、連絡を取り、宿泊先決定
Step6 「出発(2日の晩)まで、情報収集にいそしむ」⇒心は既に香川

そして、旅立ちへ・・・(ドラクエ3?:爆)


今回宿を取るのに役に立ったのが楽天トラベル
他にもトクーじゃらんSTAYDEAL
とかあるけど、登録件数・使いやすさで楽天が丁度良かった。

で、宿泊先に決まったのが「グリーンホテル川照」
高松駅から徒歩2分、近くにコンビニもあるので立地良し。
値段もネット予約で最安。


荷物は日帰りだった前回より増えるけど、着替えとか最低限にする。
いらないものは極力省く。それに荷物が重いと疲れやすいし。
また今回は全店制覇を持参。
これでネットに頼らなくてもある程度の店情報を把握出来る。
これはジャンボ船内やホテルなどでプランの修正・変更をする時に役立つはずだ。


出発までに立てた計画は以下の通り。

1月2日
神戸港まで行き、ジャンボフェリー深夜便で香川入り。

1月3日
1軒目 赤坂
2軒目 池上
3軒目 おか泉
4軒目 橙家
5軒目 わら家

1月4日
1軒目 松下製麺所
2軒目 がもう
3軒目 日の出製麺所
4軒目 長田in香の香
5軒目 清水屋

正月に営業している店が限られている中、セレクトしてみた。
果たして、全て計画通りに行くのだろうか。




ドタバタしつつも出発