第1回讃岐うどんツアー

(04年9月10日)



4.あとがき 〜1日4軒を回ってみて〜



満腹で腹痛になりながらも、大満足の第1回うどんツアーがここに終了した。

1日で食べた量としては過去最大級だと思う。

香川に行く価値は十分あり、うどんを通じて香川を好きになってきた自分がいる。
また行きたいと思わせるモノが香川にはあるなぁ。ますますハマりそうだ。
美味いうどんを求めて、これからも香川に行く事になるのだろう。
うどんツアーが5回目を数えるようになったのがその証拠だ(笑)

今回は「ネットや雑誌で評判の店」の中から、電車&徒歩で行けそうな店を選んだ。
急遽組み込んだいきいきうどんを除く3軒は甲乙つけ難く、再訪の価値あり。
彦江は麺のコシ、日の出はグミっぽい麺で美味いし、おか泉は天ぷら。
また、予定に組み込んでいた橙家と長田in香の香に行けなかったのが残念。
腹を鍛えて第2回以降に望まねば、と思った(笑)

また、電車という公共交通機関のみで移動するのは予想以上に疲れた。
これに懲りたかと言えば、実はそうでもない。
他に足がないから止むを得ないところである(´Д`)
バスも活用すれば、駅から遠いうどん屋にも足を伸ばせるが、高いし便数が少ない。
タクシーは湯水のように金があるなら使いたい(笑)
レンタサイクルは高松市内や他にもあるけど、高松以外は高いところばかり。
電車との併用が出来れば、レンタサイクルはかなり使えそうではあるが。

という事で、バイクや車が使えない時は電車&徒歩がスタンダードになるだろう。

今回のツアーでかかった費用は、

大阪⇔三ノ宮往復780円
送迎バス200円
ジャンボフェリー1350円
18きっぷ1回分2600円
うどん代1442円位
その他(漫画は除く)1000円位
合計7372円位


1万以内で余裕で収まった。
18きっぷで香川県内、帰路のJR運賃をまかなえたのが大きいと思う。
これが使える時期で良かった(´∀`)
18きっぷが使えない時はジャンボフェリー往復の方が多分安い。
日帰りは体力的にしんどいが、金がなくて時間もない時は有効。
関西から香川はアクセスしやすいので、うどん巡りに来やすい環境。
つまりハマりやすい(笑)


これだけうどん三昧だったから、しばらく要らないと思うかもしれませんが・・・
実はそうでもない。
地元に帰って、数日後。

「あ〜うどん食いに行きてぇ〜(´∀`)」

と思っていましたよ(笑)

拙いレポですが、最後まで見ていただきありがとうございます。
これを見て香川までうどんを食べに行きたいと思ってくれたら、かなり嬉しいっす!



★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか? 

讃岐うどんツアートップページへ