2006年日本グランプリ(木曜)

2592


INDEX(クリックするとジャンプします)
ピットウォーク / サイン会を観覧 / 各ブース回り / 最後は誰だ? / カンパネラ



ピットウォーク

明けて木曜日の朝がやって来た。でも予報どおりの雨(´д`)
この日の最大の目玉はピットウォーク(&抽選でサイン会)だ。
2004年から始まったこのイベントは今年で3回目の開催となる。
ハガキやネットで応募して抽選するけど、F1ファンの数は多くて当たらない事も多い。
でも俺は当たった。無心で適当に応募したおかげかな?(笑)

ピットウォークは3回に分けて開催され、俺らが行く最初のセッションは朝9時集合。
で、早速、今日の服に着替えて遊園地へ行くが・・・
↑雨にも関わらず、ピットウォークに参加するファンでいっぱい!
昨日より人が増えているのは間違いないな。
↑ピットウォークのパスを貰い、2年ぶりにコース内へ!
ピット内に入れる時間は9時30分〜10時15分と45分間のみ。
↑既にピット内は人だらけ。揉みくちゃにされぬように。
↑F1鈴鹿20年。今までこの表彰台で数々の名ドライバーが表彰を受けてきた。
今年で最後となる鈴鹿、真ん中に立つのは誰なのか?

って、もう全て知っているわけですが(笑)

さて、いよいよ俺らもピット内に潜入! まずは王者ルノーから。
↑2002年にベネトンを買収し、ルノーワークスとして復活。
2005年にダブルタイトル獲得で、独走フェラーリの時代にピリオドを打った。
トップチームなのに人気はそれほどないのが特徴(笑)
↑2006年限りでタバコスポンサーが撤退。もちろんマイルドセブンも例外ではない。
F1において非常に重要な存在だった"タバコマネー"が歴史の中へ組み込まれる・・・
↑ピット内は比較的リラックスムード。
カウルのリア処理からして最近のマシンって感じ。個人的には気持ち悪い(笑)
↑ルノーのピットブース。右京が乗っていた頃のミナルディみたいなカラーに見える。
お、セナのナシオナルキャップだ。
↑続いてマクラーレン。
かつては赤白だったけど、今やすっかり黒銀のイメージが定着。洗練さはF1界随一。
ラウダ、プロスト、セナ、ハッキネンなど歴史的名手が在籍した名門で、
また、ホンダと黄金期を築いた事もあり、日本のファンにも人気の高いチーム。
↑ルノー陣営と比べると物々しい雰囲気。この年は不振だしなぁ・・・
↑テレビや雑誌で見るより細いノーズ。でも赤は要らん(´д`)
ハッキネンが乗ってた頃のウエストカラーはカッコよかったのに。
↑フロントウイングもここ2、3年でごちゃごちゃしまくった。
空力効果を考慮しての事だろうけど・・・やはり昔のシンプルなのがいいな。
↑給油ホースの調整をしていたマクラーレンスタッフ。
↑フェラーリ。F1知らなくてもフェラーリを知らない者は居ないほどの絶対的な存在。
もちろん、ファンの注目度も全チームで1,2位を争う。
↑近年のF1を席巻してきた軍団のピット内。 マクラーレンと違ってどこか余裕な感じ。
↑ガガガ!という大きな音がした。
どうやらマシンがピットガレージから出てきたようだ。人がどっと押し寄せる(´д`)
↑フェラーリのピットブース。鮮やか過ぎるぜ、今のフェラーリの赤は。
↑トヨタのピット。ノーズデザインが他のチームより古く見える。
↑というわけで(トヨタ・・・爆)、今度はBMWと袂を分けたウィリアムズ。
プライベイターになった為、この名門ですら資金難に苦しむ。案の定シーズンも苦戦。
最初は速さを見せていたんだが・・・
↑マシンのデザインやカラーリングは結構好き。セナのダブルSマークが微かに見える。
↑さて、ホンダ。ハンガリーでエース・バトンがホンダ第3期初優勝を成し遂げた。
つーか、ピット内に日本人はあまり(全然)居ませんな。
↑ノーズコーンを1度持ってみたい。重さが気になる(笑)
↑レッドブルチーム。赤牛のドリンクは05年日本初上陸。でも最初はマズかった。
↑カーナンバーが37とあるけど、これはサードドライバーのもの。
昔のF1はチーム数が非常に多くて、カーナンバーが40番台のチームもあった。
↑ウィリアムズと別れ、ザウバーを買収してフルワークス参戦のBMW。
地味だけど戦闘力はどんどん上げてきている。台風の目的存在。
↑気持ちいい並びだ。
↑ジョーダン→ミッドランド→スパイカーと1年でここまで変わった。
ワークスじゃないのでピット内の壁が地味。ファン人気もない。
↑遠くから見るとマクラーレンと見分けがつきにくくて困る。
↑ミナルディを買収して設立したトロロッソ。未だに変な名前だと思う。
赤牛デカデカのカラーリングもダサいし。ちなみにレッドブルの弟分チーム。
↑ここのピットブースが1番多くのモニターを備えていた。
セカンドチームを持てるぐらいだし、レッドブルの資金力は凄いぞ。
↑開幕前のドタバタ劇から念願のF1の場に立ったスーパーアグリ。
ドライバーは2人とも日本人。これはF1史上初。
↑日本絡みのチームは赤白のカラーリングが多すぎる(´д`)
デザインも微妙だしよ・・・
↑燃料が入っている缶かな?
↑ピットウォーク終了。
前々回のピットウォークよりも開催時間は短かったが、それでも構わないと思う。
「1回参加すればいいか」みたいなところがあるから。毎年そんなに変わらないし。

1番上へ戻る

サイン会を観覧

ピットウォーク参加者のお楽しみはドライバーのサイン会にある。
むしろ、毎年ピットウォークに参加する様な人はサイン会こそが目玉なのだ。
参加者全員にサインを書いてくれるわけではなくて、抽選で選ばれる。
今年こそ当たってくれ・・・と願ったものの・・・

案の定ハズレ( ´д`)

読み手の期待を裏切らない王道のオチ。はぁ・・・
仲間内で当たった人は僅かに1人だけ。厳しい確率である。
こうしてサイン会の当選者が決まり、数多の落選組はスタンドからサイン会を観覧(笑)

次なる興味は「一体どのドライバーがサイン会に出てきてくれるのか?」に尽きる。
サイン会は3回に分けられて、下位・中堅チームのドライバーを中心に登場。
日本人の佐藤琢磨&山本左近、ホンダ勢のバトンやバリチェロも。

回が進むにつれ、登場するドライバーの格は上がる。
でもフェラーリ・ルノー・マクラーレンあたりは来そうな感じがしなかった。

1回目、2回目とサイン会が終了するが、最後の3回目は時間をあけて3時の開催。
しかも登場するドライバーは1人。
「トリを飾るんだから、余程の大物が出てくるはずだ」とみんな噂していた。
もしや・・・今年限りで引退するM・S氏が登場???とか。
↑ホームストレートのピット側で1回目のサイン会が行われようとしている。
↑手を挙げているのは琢磨。
彼がF1デビューした2002年以降は、かつてのブーム期を思わせる日本GPの活況。
ピットウォークが木曜開催、今年は王座争いとシューマッハラストランの要素もある。
↑ユニオンジャックをかざす女性。つまりあそこに居るのはバトン。
↑サイン会の模様。これは第2回。

1番上へ戻る

各ブース回り

最後のサイン会の開催時間が3時。
いつまでもスタンドに居ても仕方ないので、ブース巡り&昼飯へ。

グランプリスクエア周辺を歩き、改めて思った。今年は人多すぎ!!と。
木曜の時点ですよ。まだF1マシンは1度も走ってませんよ。
ま、鈴鹿は年に1度のお祭り騒ぎだから、ファンのエネルギーが凄いっす。
↑サーキットゲートを出た付近。売店が軒を連ねるエリア。
↑南ゲート方面に向う途中にあるトヨタブース。一応マシンも展示されてる。
↑メルセデスブース。まだマシンの展示はしていない。
その展示スペースの横でマクラーレン公式グッズを販売。でも高けぇ!買わないけど。
↑鈴鹿は世界中のF1開催サーキットの中でも異例だそうだ。
遊園地が隣接している所なんてここしかないから。外国のF1関係者は結構驚くらしい。
↑Vスタンドの裏側。au(トヨタスポンサー)、マイルドセブンのブースがある。
↑ブリヂストンブースにあるフェラーリ。いつ見ても白鶴丸ロゴが許せん(笑)
↑デンソーブースのトヨタ。
どうも保守的というか、インパクトがないというか。毎年そんな感じ(爆)

↑昭和シェルはいつも凝った展示方法。去年はこんな感じだし。

↑今度はホンダ。ワークスマシンは吊り下げて、
↑同じホンダエンジンを積んだスーパーアグリはピット作業形式。
ピットスタッフはもちろんマネキン(笑)
↑サーキットゲート入った所に、シューマッハ引退記念のショップが。
↑レッドブルは飲料メーカーなんで、場内でもレッドブルドリンクを販売。
あと注目は看板にあるマシン。何とセブンイレブン〜いい気分のロゴが入っている。
日本GP限定でスポンサーしていたのには驚いた。ダサいけど(笑)
↑鈴鹿に本店を構える人気のパン屋ドミニクドゥーセは毎年F1開催時に出店。
何気にテレビチャンピオン2連覇って書いてるけど、凄いかも。
↑ここは色んな店が入っているカフェテラス風のグランプリキッチン。
いつも人が多いので、ここではなかなか食べられる機会がない。
↑昼飯を食べにやって来たグランプリカフェの2階で発見。
墨を使った画風で有名な垂井ひろし氏の絵。
これはスーパーアグリのマシン。墨だけでここまで描けるとは・・・
↑懐かしいターボ時代の名車、ウィリアムズホンダFW11(11Bかも)
↑説明不要のマクラーレンホンダMP4/4も。
↑昼飯はグランプリカフェのチーズカレー。650円と高けぇ!(´д`)
肉が苦手な人からチャーシューを貰い、チャーシューチーズカレーに進化(笑)

1番上へ戻る

最後は誰だ?

3回目のサイン会の開催時刻3時。小振りの雨も強くなってきた。
そんな中、最後のサイン会はグランドスタンドで行われた。
果たして誰が登場するのか・・・そこに居る誰もが注目していた。

友達の推測では、フェラーリのドライバーではないか?と。
ルノーはブリアトーレが王座争いしているドライバーを参加させないだろうし、
マクラーレンはこういうのに参加しそうなイメージがないし。
↑席が2つ用意されている。誰が来る??
↑おぉ〜フェラーリドライバーが!!友達の読みは当たった。
しかし・・・マッサファンを除く人は皆思っただろう。でもマッサか〜と(笑)
鈴鹿ラストランとなるシューマッハの登場は叶わず。
とはいえ、鈴鹿サーキットの頑張りあってこその実現。うむ、感謝だな。
↑インタビューを受けるマッサ。
フェラーリドライバーのサイン会参加は、この3年間でこれが初めてらしい。
↑マッサも傘の中に入れてあげたらいいのに(笑)

1番上へ戻る

カンパネラ

サイン会が終了した後は、サーキット内でブラブラして時間を潰したっけ。

日没後は夕食を食べに味の街のカンパネラへ。
セナプレートがある有名なイタリアンの店。味も確かで海外のF1関係者にも好評。
味の街は食事する人にはパスが発行され、それがないと入れない。
で、入口で係員に聞いてみたら、今ならカンパネラで食事できるらしい!
というわけで俺らもパスを発行してもらう。
鈴鹿観戦6回目で初カンパネラ(笑)今まで長かったな〜

ビールやカクテルなどを飲みながら、あれやこれやと語りモード。
実に濃厚なひとときでした♪
↑途中で合流した子達と、カンパネラにて乾杯!
ここのカクテルは、130RとかS字とかサーキットの場所が名付けられいて面白い。
これは何だったっかな(^^ゞ
↑美味いと評判のカルボナーラ。友達曰く、いつもより味付けが濃いと。
外国人が多い影響で、味付けがF1仕様になったのかも(笑)
↑整然と釣り下がったグラス群。なかなか映える構図。
↑このデザートがまた美味かった。甘党エクシです。

夕食の後はクアガーデン(まだ1000円)で疲れを癒し、駐車場に戻った。
う〜ん・・・何をしたかは覚えてないけど、あれやこれや話したな。
それでいつの間にか熟睡していたという感じ。
明日はいよいよ金曜日。F1日本グランプリがようやく開幕する!!!

1番上へ戻る

►グランプリ期間突入![金曜日]へ続く
(鋭意製作中)



★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか?

鈴鹿観戦記トップへ

HOME