2006年日本グランプリ(水曜)

2592


INDEX(クリックするとジャンプします)
鈴鹿峠を越えて / サーキット到着 / 一夜明けて / 寿司会席あじさい / 焼肉のみさき屋



鈴鹿峠を越えて

0時を過ぎた頃、鈴鹿サーキットを目指して彦根を出発した。
今回はなるべく鈴鹿へ早く着く必要があった。
鈴鹿で知り合ったF1仲間との飲み会が土曜にあるんだけど、
その時に使いたい「とあるブツ」を飲み会をする店に届けておきたいからだ。
店はサーキットから離れているので、GP期間に入ってしまうとなかなか行けない。
だからこの鈴鹿入りするタイミングがベスト。
店は夜中2時に閉まるので、悠長に行っている場合ではないのだ。
そんなわけで飛ばせる所は飛ばしていく(笑)

友達は何年も彦根から鈴鹿へ行っているその道のプロ(笑)なんで、先導してもらう。
まずはR1を目指す。
R1鈴鹿峠を越えて、亀山を過ぎたら鈴鹿サーキットはすぐ。

幹線のR8は通らずに、行きに通ったR307を再び走行する。
後者の方が圧倒的に流れが速いからだ。
そんなわけで夜中のR307は快走路の極みである。少し寒かったが。
しばらくR307を走行し、日野水口グリーンバイパスを途中まで行って県道を走る。
何号線か分からないがR1への近道であるのは確か。でも真っ暗で結構怖い。
あるカーブが意外と鋭角で対向車線にはみ出してしまったし(爆)

その後ようやくR1との交差点に来た。
ここを左折、鈴鹿峠へと向かう、が・・・例の如くヘルメ痛襲来(´д`)
ここでパッシングライトを2回押す。
彦根出発前に、「ヘルメ痛になったら2回パッシング」という合図を決めていた(笑)
この合図=コンビニ休憩のタイミング、という事です。
R1沿いのファミマ(だったっけ?)でヘルメ痛休憩、あとトイレ。
鈴鹿入りの前に明日の朝飯を買おうかどうか考えている友達の姿あり。

ヘルメ痛休憩も早々と切り上げ、鈴鹿峠を目指していく。
ここはR1の中でも箱根と並ぶ難所の1つ。
勾配がキツイので上下線が別ルート、それぞれ片側2車線となっている。
夜中なので異様にトラックが多いが、右車線で先を急ぐ。
鈴鹿峠は整備されているので、バイク走行は全然問題なかった。
今まで走った酷道なんかと比べたら、まさに天国のような快適さ(笑)
ただ・・・ここでこけたら高確率で終わりだな(恐怖爆)
ここは天下の大動脈、交通量が多いから・・・言おうとしている事が分かりますね?

寒い鈴鹿峠を越えると東海道の宿場町・関へ。
ここに友達が毎年鈴鹿入りする時に必ず寄るミニストップがあり、
今回もその慣例に従って立ち寄った。
友達曰く、「ここでベルギーチョコソフトを食べないとF1は始まらない」だそうだ(笑)
↑友達がF1前に必ず寄るミニストップ。俺はもちろんここ初めて。
↑定評のあるミニストップのスイーツ類。
その中で目を引いたのが「白玉いちごぜんざい」。いちごと小豆がマイウ〜!
↑俺はゼルビス、友達はデミオ。
夜中でもバイク走行は楽しいけど、10月だし、峠なんかは寒いっす(>_<)

F1前の儀式を終えると、もう1時半寸前!!
これはヤベェ・・・って事でR1亀山バイパスなどを爆走。
先導してくれる友達に頼りに、鈴鹿市内へ突入。
ここから飲み会の店まで結構距離があり、またそこへ行くまでの道が案外ややこしい。
それでも何とか閉店前に着けた・・・!!疲れたぜ(汗)

店の人にブツを渡して、ようやくサーキットへ向かう。

↑飲み会をする店。3年連続でここを貸切にして飲み会を開催。
↑黒く塗りつぶしたラインが彦根から鈴鹿への道のり。
鈴鹿市内のルートは「大体こんな感じだった」というぐらい適当です!(爆)

1番上へ戻る

サーキット到着

飲み会の店を後にして、あとはサーキットへ向かうだけ。このとき既に2時。
R23から伊勢鉄道鈴鹿サーキット稲生駅を過ぎるサーキット道路へ。
もうこれでサーキットは着いたも同然。
商店街を抜けると、サーキットの遊園地の観覧車が見え、駐車場が見えてきた。
もう駐車場に停めている車も多数見掛ける。

毎年感じる事なんだけど、鈴鹿入りする時は身震いするなぁ・・・
これから始まる非日常空間への入口なんだろうな、きっと。

シェルのスタンドがある交差点を右折すれば、5番ゲートの入口がある。
↑鈴鹿サーキットの入口・正面駐車場5番ゲート。
このゲートを見たら、「嗚呼、遂に到着したんだな」という実感が沸く。
↑こんな看板を見るだけで嬉しくなる(笑)
↑前年までの方法から変更になり、車中泊組を困惑させていた。

友達は、先に鈴鹿入りしていたF1仲間の人が確保していた駐車場所へ。
俺は2輪専用のスペースへ行く。
5番ゲート付近をロープで仕切っているが、バイクは1台も止まっていない。
つまり、今年の鈴鹿2輪で最初に乗り込んだのが俺って事らしい(笑)
そんなどうでもいいところに優越感を覚える俺(笑)

荷物をリヤシートから降ろして、それを友達が車止めている場所まで運ぶ。
友達がタープを張るというので作業を手伝う。
途中で1年ぶりの再会となるF1仲間の人達にも手伝ってもらい、タープは見事完成。
タープ(運動会テント)の中にはテーブルと椅子、ガスコンロやヤカンもある。
水や食器等もちゃんとあるので、軽い食事が出来るようになった。
これは正直ポイント高いぞ。
去年は本当にただの雨よけテントだっただけに、凄い進歩である(笑)

更に、サーキット外を移動する為の折り畳みのチャリも用意。
まさしくブリリアント!
これら全てをプロデュースした友達に激しく感謝!!

タープ設営作業が一段落したら、再会を祝ってYEBISUビールで乾杯!!
いつの間にか用意されているビール。
どうやら友達がさっきのコンビニでちゃっかり買っていたようで(笑)
彼らと色々話をしているうちに、どういうわけか目が冴えてきた俺と友達。
他の人ら(彼らも車中泊。すぐ横に車を止めている)は明日に響くから寝たのに。

残った2人だけタープでまったり話をしていると、夜が明けてきた(爆)
「少しでも寝ておかないとマズイぞ」って事で、彼の車の中で朝まで寝る。

1番上へ戻る

一夜明けて

結局寝たのは2、3時間だけ。
後々に響かないといいのだが、まぁそれは無理な話だろうて(爆)
気が張りっぱなしの鈴鹿滞在期間においては、非常に疲れが溜まりやすいし。
そういうわけで車中泊で早期からの滞在はかなりタフでないと駄目。

朝はサーキットの外を軽く散策。
水曜にサーキット内に入ると通常の遊園地料金がかかるので、この日は徹底して外。

鈴鹿は4月の時にも来ているが、目立って変わったところはない。
それでも4月と違うのは・・・
人と駐車場の車が多い(友達曰く、水曜でこの埋まりようは前代未聞とか)、
グランプリという名の「祭り」を目前に控え、独特のムードが漂う・・・
と言ったところかな。
↑大公開!夜中に頑張って張ったタープ。
横もビニールシートでバリア張っているし、大雨じゃない限り濡れないはず。
F1観戦のムードを盛り上げるべく、今は無きBARホンダのフラッグを掲げた(笑)
↑衣類を着替える機会も多い鈴鹿観戦。ハンガーを幾つか吊るす。
↑タープ周辺の計5台がF1仲間の車。赤い車は岐阜から来ている人のRX−8。

↑それにしてもまだ水曜日ですよ、F1の公式日程が始まる2日前でこれです。
トイレに近い場所、柵に近い場所から埋まっていく正面駐車場。

某所で聞いたんだけど、めちゃくちゃ早く現地入りする人が居ましたよ。
1週間前にあった中国GPの地上波中継が終わって、そのまま鈴鹿にやって来たとか(!)
つまり月曜日にここへ来ているわけです。
ちなみに決勝レースの日は約1週間先です(汗)
そこまでF1にかける情熱に脱帽。世の中には猛者が居ますね、いやホント。
↑夜中は俺だけだった2輪専用駐輪場。朝行ってみたらもう1台来ていた。
バイクは日曜でも止められるらしいので、早くから来なくても場所の心配は無用だとか。
↑車は3000円、バイクは500円。ボンビーにとっては非常に助かります。
車は駐車券をフロントガラスの見える所に貼り付ける必要があったので、
バイクの俺も一応スクリーン裏にこの駐車券を貼り付けておいた。
でも後で巡回している人に聞いたら「バイクは必要ないですよ」だって(笑)
↑F1を見に来たんだなぁ、と高揚感が少しアップするホンダF1の幟。

↑車中泊組にとってなくてはならない場所がここ円形トイレ。
洗顔から歯磨きまで、鈴鹿滞在中はお世話になりまくりである。
↑そして鈴鹿での風呂がここ。クアガーデン。
金曜以降はグランプリ開催料金で1回1500円( ´д`)
おまけにバスタオルの貸し出しはなし。また土曜以降はめちゃくちゃ混む。
特に男湯は2時間待ちは覚悟しないといけない。恐怖である。

1番上へ戻る

寿司会席あじさい

結構あちこち散策して疲れて来たな・・・
どうやら腹もハラヘリヘリハラな状態に突入したようだ。朝飯食ってないもんな。
で、ハラヘリヘリハラと言えば・・・やはり、この人!

飯食ったか?(By田原俊彦)

食ってねえYO!ヽ(`Д´)ノ

つーか、このCM知っている人どれだけ居るんだろう(汗)
去年あたりにマンションのCMで久々にトシちゃん見たけど、また見なくなった(笑)

そんなわけで昼飯を食べにやって来たのが、味の街にある「寿司会席あじさい」
まだグランプリ期間じゃないので、普通に中に入れるし、食事も予約しないでOK。
↑屈辱のピンボケ。味の街は4店舗あるが、あじさいはまだ行った事がない。
↑昼のランチはそんなに値が張らないので、少し安心(笑)
これは「まぐろずくし」という定食で1200円。
名前通りまぐろだらけだが、全体的な味としてはそこそこと言ったところ。
まぐろ丼にしたら結構良かった。
↑食事の後、味の街を出たら雨が降っていた。
レインコートはあるけど傘は持って来てねえよ。無駄金の投資が決定した(沈)
↑そしていつの間にか日が沈み、雨は既に止んでいた。毎年ここで写真撮っているよな。

1番上へ戻る

焼肉のみさき屋

昼が魚系なら夜は肉だ!(笑)
そういう事で、水曜の晩飯は平田町にある「焼肉のみさき屋」に決定。
去年の木曜に友達と初めて行って美味くて安くて感激し、この前の4月も行った。
つまり・・・鈴鹿といえばみさき屋が定着した感あり。
↑みさき屋のキャラクターがお出迎え。何ていう名前かまだ知らない。
↑東京の方から来るF1仲間の子を待つ一同。
その子は方向音痴らしいのでちゃんと来れるか心配だったが、数分後タクシーで到着。
↑みさき屋は地元の人気店。それがF1開催時期と重なるわけで混雑は必至。
まぁ、F1以外の時(今年4月)でも並ばないと中に入れないという感じだった。
↑店内にはF1ドライバーやモータースポーツ関係者のサインがずらり。
その中で目を引くのがセナのサイン色紙。
いつ来たのか分かんないけど、多分マクラーレンホンダ時代だろうな。
隣のエディー・ジョーダンが何か笑える(彼は今は無きジョーダンのボスだった人)
↑ウィリアムズでセナの同僚だったデーモン・ヒル。
「ヘイ、ラッシャイ!」な姿、とてもF1ドライバーとは思えぬ(笑)
現役時代は地味だったが、今のヒルはロッカーみたいなカッコよさを放ってます(笑)
あと、左上のヒルが99の矢部に似ていると思うのは俺だけか。
↑この人もいろんなチームを渡り歩いているよな。
若手時代はセナに似ているとか言われていたトゥルーリも今やベテランの域。
↑客が並んでいる時に、退屈しないようにと、ゲームボーイを客に貸し出しする店。
料理の味だけでなく、こういう配慮も素晴らしいところだ。
待っている客の中に子供が居たけど・・・見向きもしなかった( ´д`)
今の世はニンテンドーDSだもんなぁ。
↑駄目もとで「2階席いきたいんですけど」と店員に言ってみると、あっさりOK。
3回目で念願?の2階席へ行きました(笑)
↑この店には超長いピッチャーがあるけど、これもかなりデカイぞ。
横に酒飲みが居るので、これをもう1つ頼むまでそう時間はかからなかった(笑)
↑肉が来ると戦争。今回も写真撮り逃しそうだったので、ここで撮っておく。
ぼつ焼マイウ〜!キムチもマイウ〜!
たらふく食べて、飲んで、1人辺り2500円くらい。安い。
そういや女性陣は異様に椎茸ばかり食べていたな(笑)
↑玉子スープなのに、カニが主張しまくっている。
このカニはイマイチだし、如何せん食べにくいので、普通の玉子スープにして欲しい。

玉子スープ以外は大満足のみさき屋を後にして、
津&四日市のホテル泊組を近鉄の平田町駅で見送る。
小雨が降ってきたので、俺らはサーキットまでタクシーで帰ることにした。

途中、コンビニに寄ってもらい400円のアンブレラを購入。
はぁ、傘持って来てさえいればな・・・(´д`)と思うが、後の祭りだ。
そして、数分後にはサーキット正面駐車場に到着した。
着替えを車の中から取り出して、直で風呂へ行く。
クアガーデンはまだ金曜以降のF1料金じゃないので、バスタオル貸し出しで800円。
それにまだ水曜なので空いているから助かる。

風呂の後は、昨日みたくタープで酒盛りはしないで、そのまま各自の車の中へ。
流石に今日は疲労感があるので、既にスイマ(睡魔)ーよ!な気分だ。
車の中で携帯の充電をさせてもらっている間に、トイレに行って歯を磨きに行く。
↑円形トイレ近くのカーブのところ。

車に戻ったら友達は既に爆睡状態、俺も横になったと思ったら知らぬ間に爆睡。

1番上へ戻る

ピットウォーク開催の[木曜日]へ続く



★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか?

鈴鹿観戦記トップへ

HOME