B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"

inアスティとくしま(2008年6月22日)



INDEX(クリックするとジャンプします)
プロローグ 〜きっかけはTONIGHT〜
B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION" inアスティとくしま 開場16:00 開演17:00

(注意)余りにも濃い時間だったため、既に記憶があやふやな点あり。




プロローグ 〜きっかけはTONIGHT〜

某月某日の夜。ネットでB'zの情報を色々調べている時だった。
何気なく、ACTIONツアーの長野公演2日目のセットリストを見て、俺は驚愕&興奮した。

01. 純情ACTION
02. 黒い青春
03. パーフェクトライフ
04. ONE ON ONE
05. 一心不乱
06. OH! GIRL
07. New Message
08. TONIGHT(Is The Night)
09. Wonderful Opportunity
10. わるいゆめ
11. 永遠の翼
12. HOMETOWN BOY'S MARCH
13. ハピネス
14. GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-
15. Liar! Liar!
16. さまよえる蒼い弾丸
17. FRICTION -LAP2-
18. SUPER LOVE SONG
19. 光芒
20. BURN -フメツノフェイス-
21. ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜
うぉおおーーマジかよーーー!!!!!!!
TONIGHT(Is The Night)やってる!!!!!Σ (゜□゜)

IN THE LIFE収録のこの曲は、恐らくB'z全曲の中でも1、2位を争うぐらい大好き。
この曲に出会い、ハマリ、俺は思った。「絶対に1度はライブで聞きたい!!」と。
今までB'zのライブは3回参加している。03年BM、05年COR、06年モンガレ。
しかし、TONIGHT(Is The Night)が演奏される事は当然なかった。
そりゃ古い&マイナー曲だから仕方ないけど、以前は結構ライブでやってた曲らしい。
だから、そのうちやってくれると期待してたが・・・まさかACTION長野2日目でやるとは。
まさに羨望の眼差し。俺も長野2日目参加したかった!

この時だけかな〜・・・とも思ったが、その後の公演でもTONIGHTをやってる事が判明!
どうやら2公演ある場所は、初日夢見ヶ丘、2日目TONIGHTと日替りでやってる模様。
つまり、2日目に参加すれば、このパターンが崩れない限りはTONIGHTが聞ける!

でも、残念ながら俺はACTIONツアーのチケットを持ってない。
昨秋のビーパ抽選で、第1希望(京都会館)第2&第3希望(大阪城ホール)が撃沈し、
第4希望だったプレジャーのスタジアムライブが当選していた。
プレジャーは恐らくメジャーな曲ばかりだろうから、TONIGHTの演奏はまずない(沈)
その時、俺は決心した。
一般発売でACTIONツアーのチケットを取ればいいじゃないか!
ビーパ抽選で落ちた大阪、神戸(共に2days)に照準を合わせ、決戦の時を待つ。
大阪にしろ、神戸にしろ、2日目を絶対にゲットしてやるんだ、と思いながら。

そして、決戦の日曜日・・・5月18日朝10時!
時報と共に、ぴあやローソンチケットに電話をかけまくるが、全く繋がらん。
30分後に繋がったと思いきや、「受付は終了しました」という終戦を告げる無機質な声。
こうして、狙ってた大阪城ホール&神戸ワールド記念ホールは再撃沈した。
はぁ〜〜・・・こんなの取れるわけねぇよ!!ヾ(`Д´)ノ宝くじを当てるようなもん。

しかし、世の中捨てたもんじゃない。捨てる神あれば拾う神ありなのだ。
その後、何となくローソンチケットのサイトでB'zのチケット情報を見ていたら、
徳島公演はなんと指定席&立見席がまだ発売中だった!!しかも両日。
これを見た刹那、俺は悟った。そうか・・・地元にこだわる必要はナッシングだ!
徳島なら日帰りOKだし、会場のアスティとくしまは小さいし、ステージ近そう。
躊躇している暇はない。善は急げだ。すぐに徳島2日目の予約ボタンを押した。
その後、手続きも無事終えて予約完了。後はローソン店頭でチケットを発券するだけ。

とにかくこれで、徳島2日目を押さえたどーーー!!!(´▽`)

席は発券した時に初めて分かるが、今はTONIGHT聞けるなら席はあまり気にならない。
いや・・・席はいいのに越した事はないんだけどね。
ぶっちゃけ、TONIGHT1曲ライブでも俺的には無問題。
それ位好きだから(バカ爆)

というわけで、急遽参加することになった徳島でのACTIONライブ。
友達も誘ったが生憎都合がつかず。1人参加だけど、ワクワクドキドキ感MAXだった。
とにかく2年ぶりのライブジムだ。9月のプレジャーに先駆けて楽しんでくるぞーー!!

INDEXへ戻る

B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"
inアスティとくしま

徳島2日目のチケットをゲットしてから、ライブ当日までが本当に長かった。
早く来い、早く来い、と何度心の中で思っていたことか。
また、ライブの数日前に20周年ベストアルバムULTRA Pleasureが出たけど、
悲しいかな・・・このライブ遠征による費用捻出の為、それを買う余裕はナッシング!(爆)
給料日前でしたからね・・・(´Д`)
ローソンで発券した徳島2日目のチケット。一般チケットはショボイが仕方ない。
席はなんとCOR以来のアリーナライト側。しかも列は真ん中より前らしい。
でも席番号の数字が大きいので、座席位置は端に近い方になりましたが。
6月は梅雨時期。ライブ当日は何とか晴れてくれ!と何度も願ったが、それも叶わない模様。
まぁ、この日徳島には雨にまつわる最強キーワードが2つ交錯しますからね。
徳島へはバイクで行くのですが、これが究極の雨バイク・ゼルビス(´Д`)で、
雨バイクで見に行くアーティストのライブが、03年渚園で台風を呼んだ(?)B'zですから。
雨×雨の最強コラボがここに完成・・・って、全然嬉しくねえ。
そして、待ちに待ったライブ当日の朝がやって来た。
徳島へ行くには船か橋か。金欠気味な俺は当然船を選択し、和歌山港を目指した。
写真は阪和道の紀ノ川サービスエリア。少し雨宿り。
下道で和歌山を目指しても良かったけど、出発が予定より遅れたのでやむを得ず高速使用。
徳島−和歌山の南海フェリーは意外と便数少なく、1便乗り遅れるとヤバイと思って。
紀ノ川サービスエリアからの眺め。雨が降っててガスっているのでイマイチ。
3月に四国カルストへ行った時以来の南海フェリー。
ジャンボフェリーに比べると安くないが、徳島へ行くのはこれしかないので仕方なし。
バイク(750cc未満)なら、大人1人(2000円)込みで片道計3800円。

10時50分に和歌山港を出航し、その2時間後に徳島港へ着くんですが、
この日の海はなかなか時化てて、船が結構揺れるんですよ。
去年北海道から帰ってくる時の新日本海フェリーよりは揺れはマシだったんだけど。
過去に船酔いした事は1度もないのに、この時ばかりは気持ち悪くて辛かった。
普段からの寝不足が祟っているせいが強いかも(爆)

その後、船酔いを紛らわすべく、iPodでひたすらB'zを聞きまくった。
すると、あら不思議。結構気分良くなってきたみたい(´▽`)
また、近くに居た女性がB'zグッズを持ってて、声を掛けたら今日のライブに行く人だった。
おお〜!!何か嬉しい。もう既にライブモードになってきたぞ!!!(笑)
徳島港に着く頃になると、雨は止んでて曇天の合間から青空も見えた。

3ヶ月振りに四国徳島の地へ降り立ったが、ライブ会場へ行くのはまだ早すぎる。
つーか、昼飯をまだ食べていないので、まずは空腹を満たさねば。酔いはもう治ったし。
で、徳島で最初に向かった先は、徳島ラーメンの店・春陽軒。
徳島と言えばやはりラーメンでしょ。定番は抑えておきたい男エクシ。
春陽軒は、佐古駅近くのJR高徳線高架下・・・としかいいようがない(笑)
でも結構分かりやすい。土地勘の無い俺でもすぐ分かったから、すぐ見つかると思う。
店の外観。徳島市内では、いのたに・巽屋・東大あたりと並んで人気店。
それ故に客はひっきりなしに来店していた。観光客よりも地元の人が多い印象。
メニュー表。春陽軒もオーソドックスな徳島ラーメンメニュー体系ですな。
腹いっぱい食べたかったので、中華そば肉玉入大でメンマ増量をオーダー。800円なり。
店が混んでたせいか、中々ラーメンが来なくて、寝そうになったのは秘密だ(爆)
ザ・徳島ラーメン。見た目程くどくないという典型。卵を混ぜ混ぜしてすき焼き風。
スープは醤油とんこつな感じで若干濃い目。卵入りにすることで丁度いいバランスになる。
麺は普通だったな。まぁ、オーソドックスだけど結構美味いラーメンだと思う。
豚肉が塩辛くないのもポイント高し。3月のいのたに(卵なし)よりは美味かったかな。

春陽軒を出て、徳島市内の渋滞(特に徳島本町交差点)をやり過ごし、R55を南下。
左手にユニクロがある交差点で「アスティとくしま」の案内が出てたので、そこを左折。
しばらく走り、アスティとくしまを発見。手前には駐車場満車の看板を持った誘導員がいた。
誘導員曰く、バイクはアスティの脇にある駐輪場に止めればOKとのこと。
こういう時にもバイクは融通が利いて助かります。
アスティとくしま駐輪場。雨が降ったり止んだりな天候なので屋根付は助かる。
でも、ここに止めたのは失敗だった。
ライブ後に客がここをひっきりなしに通る為、バイクを中々出せなかったからだ。
ライブ会場のアスティとくしまがこの建物。
会場付近は明らかに今日のB'zライブに来た!!という人達でいっぱいだった。
2年ぶりに味わうライブ会場特有のお祭り感というか、独特の雰囲気がたまらん(´▽`)
満車状態のアスティ駐車場。500台しか止められないので、すぐに行かないとアウト。
でも普段は閑散としているらしいので、駐車場を広げようという話はないっぽい。

そうそう。B'zライブの駐車場と言えば・・・
出たー!178ナンバー!!稲葉→イナバ→178(笑)
どこの会場に行っても178ナンバーの車は止まっている。それも結構な数で。
町で178ナンバーを見かけたら、その車のオーナーほとんどがB'zファンに違いない(笑)
一般駐車場の向かい側の駐車場に、ツアートラック(以下ツアトラ)が止まっている。
今回でB'zライブ4回目ですが、ツアトラの実物を見たのはこの日が初めて。
やべぇ、何かテンション上がって来たどーー!!!(濱口調)
今まで大きい所(大阪ドーム)ばかりで全然見れなかったもんだから、つい・・・(つД`)

奥にツアトラを囲むようにして出来た広場があり、ファンはそこで写真撮影しまくってた。
アルバムACTIONのジャケ写を使ったツアトラ。普通にカッコいい。
ファンクラブであるB'z PARTY(通称ビーパ)で募集したプリクラで埋めるツアトラ。
近くまで寄ると、本当にビッシリ埋まってる!!自分のやつを一発で見つけられたら奇跡。
俺はこれに応募してない・・・つーか、こんな企画があった事をこの時初めて知ったよ(爆)
20年経とうがB'zの2人は相変わらずかっこいいな。イラストだけど(笑)
いやいや、実際はもっとかっこいいっすよ。ほんと。
ツアトラ第3弾。アルバムACTIONのCDジャケットを開いた時の絵だな。
夕焼けの大地に突き刺さるギターとマイクスタンド。
最後のツアトラはツアーロゴとAマークだけのシンプルデザイン。
結局ツアトラは全部で4種類あり、こんなにイラストの種類が豊富とは思わなかった。
もしライブに参加できなくても、ツアトラ見れたら満足・・・って、流石に無理か(汗)
流石ツアトラ。ナンバーもちゃんと178なのが心憎いぜ。
しばらく写真を撮りまくってると、会場に来たファンが続々と集結し、ご覧の通り。
やはり探している人もちゃんといた(笑)
ツアトラ撮影も十分にしたので、そろそろライブ会場入口へ。
アスティとくしまは愛称で、正式名称は徳島県立産業観光交流センター。
ここは徳島でライブをする場所として有名で、ミスチルもここで何度かやったことがある。
徳島出身のアンジー(アンジェラ・アキ)もここでやったことあるんかな?
噂に聞いてた本人身分確認はここでもちゃんとやっている模様。
グッズ売り場。ライブ時特有の雰囲気で、欲しくない物まで欲しくなってしまう恐ろしさ(笑)

今回は金欠なので諦めようと思ってたが・・・ここで妙案を閃く。
俺のバイクには必殺ETCがあるじゃないか!ETCなら現金払いしなくて済む。
帰りの交通費を後日銀行引落しにして、余った資金を今グッズに投資できるってこと。

そういう裏技(になるか?)を発見し、キャップと袋を買い、ガチャガチャ2回しました(爆)
もっと早くに気付けば他のグッズも買えたな。でも別にいいや。最低限買えたから。
この文章を書いている今現在、そのツケ(ETC利用額)が2ヶ月後に来るって事が嫌だ(笑)
今回のツアーのガチャガチャは種類豊富。特にカチンコはレア。
ガチャガチャは04年の稲葉ソロライブenツアーから始まり、もうすっかり定着した。
さて、俺は何が当たったでしょう?!正解はこのページの最後の方に載ってます( ̄▽ ̄)
ULTRA Pleasure(以下ウルプレ)販促フライヤーの1種。
ウルプレをはじめ、B'z全作のCDも売ってた。
稲葉ソロ、松本ソロだけでなく、シェーンのCDもあり(笑)

長年のファンなら「ベストなんかいらん」って人が大半だが、
このベストに関しては特典DVDが凄いので買う価値あり。
見て本当に良かった!!と思う。

伝説の雷雨千葉マリンのラブファントム、
地味なシングルが大化けする愛しい人よGood Night...、
暗黒時代の暴れっぷりが素敵な9thのおでかけしましょ、
これはやば過ぎるだろっていう格好のlove me,I love you、
他にバッコミ、さま弾、Don't Leave Meなど見てて飽きん。
むしろ・・・CDが特典みたいな感じ。

で、特典(笑)のCDだが、新録2曲が予想以上にいい。
特に新バッコミのカッコよさは異常。
今でも毎日リピートして聞いているぐらいだ。
この2曲だけの為に買っても惜しくないな。
過去曲もリマスタリングされて、音が抜群に良くなった。

ファンじゃなくてもDVD付きをゲットすべし。激しく推奨。
ライブを見れば、きっと好きになるはず(多分:笑)
そして。アリーナ席のライト側に入場し着席。いよいよ・・・2年ぶりのライブジムが始まる!!




開演直前

ライブ開演前に、アリーナレフト側客席(席から見えない)で外国人が何かと叫んでて、
俺はてっきり、テンションの高い外国人ファンが居るもんだな〜と思ってた。
でもそれは違った。彼ら(4人)はこのライブのパフォーマーで、こっちの客席にもやって来た。
で、「スリー、トゥー、ワン!アクショーーーン!!」と掛け声の練習(笑)
2006年モンガレにおけるMVPの振り付け練習みたいなもんか。
そして唐突に会場内に鳴り響くサイレンの音。
これを合図に、パフォーマーがステージ横の鉄塔に上り始め、色々アクション!してた。
会場が歓声に包まれ、徐々にライブ開始の時が近づいてきた・・・!!


01「純情ACTION」

ステージを覆っているACTIONマークの「A」が書かれた真っ赤な幕に光が当たる。
純情ACTIONのイントロが始まり・・・稲葉のアクション!の声と共に影が映った。
観客の歓声が鳴り響く中、曲が始まると幕が一気に落ちる!!!
うおぉおおおーーーーー来たーーーーーーー!!!!!!!!
1曲目の出だしはどのライブでも盛り上がるし、鳥肌もんだな〜やっぱり。
いつもCDやテレビでしか会うことの出来ないB'zの姿が目の前にあるのだから。
この曲の随所にあるアクションという掛け声で、客もアクション!と応える。
さっきのパフォーマーによる掛け声練習の効果が十二分に発揮され、客席もヒートアップ。
稲葉の喉の調子もかなりいい感じだし、TAKの生ギターも染みるぜ。
この曲はノリが良く、疾走系でカッコいいな。アルバムACTIONの中でもかなり好きだ。
また、今ツアーのスクリーンは、曲の演出として使われるパターンがほとんどだった。
この曲の場合は、曲に合わせてACTION!という文字が何度も表示されてたり。


02「黒い青春 〜ライブジムにようこそ」

1曲目、この2曲目とアルバムと同じ流れで来た!!
この曲もヘヴィ。でも純情ACTIONより疾走系。バックで鳴るアルペジオがたまらんし、
最後の半音上がるところもツボです。この曲もいいなあ。
ラストのシャウトも生で聞くと、やっぱりスゲーーー!!!って思うし。
それに、Mステでお馴染み(?)の特効の炎が燃え上がってた!!会場内は大盛り上がり。
アスティは狭いので、ファンの熱気の渦というか一体感が凄い。
既に汗だくになってしまいましたよ。まだ序盤なのに(笑)

曲終了後に、お約束のアレがやって来た。
いつもは結構焦らすんだけど、今回はやけにあっさりして普通過ぎた(笑)

「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」


03「パーフェクトライフ」

シングル向けでB'zらしいアルバム曲。かなり聞きやすい&スルメだと思う。
ライブでも盛り上がれるし、曲の演奏中はひたすら腕を突き上げてたな。
イントロかっけーー!!サビも気持ちいい。ゴーーオン!!これがマイウェーーイ!!!
あと、マイナス掛け合わして・・・プラスにしてしまえーーー!!!のとこがたまらん(笑)
・・・時間を置くと、どうしても忘れてしまうなあ、色々と(苦笑)
もっと色々思ったこと感じたことを書きたいんだけど、なかなか思い浮かばなくなる。


04「ONE ON ONE」

怒涛のオープニング3連発で盛り上がった。次はここらでクールダウン、ONE ON ONE。
あんまり聞いてなかったけど、ライブ前に結構ハマってたミディアムなポップナンバー。
ライブでのこの曲は結構ツボでした。ガンガンな曲ばかりがB'zじゃない。


05「一心不乱 〜MC」

ステージを照らすライトが紫に変わり、少し怪しげで色っぽくなった。
アルバムACTIONの方向性にフィットした曲で、なにより間奏のギターソロがカッコいい!
生TAKはやっぱりいいですなあ。一心不乱にプレイに見惚れてましたよ。
ライブから帰ってきて、iPodでこの曲を聞くとエアギターをしてしまう(笑)

この曲が終わった後にMC。内容は忘れました(´Д`)軽く話しただけだと思う。。。
もし詳細を知っている方がおられましたら、是非教えてくださいませ。


06「OH!GIRL」

初期曲の中では、バッコミと1、2位を争うくらいライブで多く演奏してる曲。
俺は今回がライブ初聞きなので、このライブ参加前から楽しみにしてた。
とてもポップでキャッチーな曲で、今も人気は高い。Mixtureにも新録されてるしね。
やはり昔の曲をやると、イントロからして客の反応が違いますね〜歓声が凄かった!!
この曲が出た当時(89年)からのファンからすれば、懐かしく感じるんだろうな。


07「New Message」

2002年のGREENツアーの客出し曲で、IT'S SHOWTIME!!の2nd beat曲。
当時、IT'S SHOWTIME!!よりこっちをシングル1曲目にすべき!という声が多かった。
確かに、ポップで聞きやすいし、人気が出てもおかしくない。事実人気は高いし。
ウルトラトレジャーの収録曲を決める投票で、中間発表で6位にランクインするほど。
でも、個人的にはあまり面白い曲ではないな、と。嫌いじゃないけどあまり聞かない系。
でも、ライブで聴くとそういう曲でも化けるのだから、B'zっていうのは恐ろしい(笑)
改めて気付いたけど、この曲は歌詞がいいね。結構心に響いた。
あと、この曲を演奏した事で、「客出し曲はライブで演奏しない」というジンクスが崩壊。


08「TONIGHT(Is The Night)」

前曲が終わり、ステージが暗転。スポットライトを浴び、ある曲のフレーズを弾くTAK。
そして、そこからムーディーなイントロ始まった。そうです!夢にまで見たあの曲・・・
遂に・・・TONINGHT(Is The Night)来たーーーーーーーー!!!!!!!!
正直泣きそうになりかけた。悲願であったTONIGHTをこれから生で聞けると分かったから。
周囲のファンは意外な曲?に一瞬ざわついたが、懐かしい曲という事で歓声も凄かった。
感激のあまり聞き惚れてた。変にアレンジすることなく、原曲を忠実的にプレイしてた感じ。
RUNツアーで披露した神アレンジで聞けたら最高だったけど。あれはマジで凄い。
タイムマシンがあるなら、93年に行ってRUNツアーに参加する!っていう位だから(笑)
あと、叶わぬ願いだが・・・あの頃のハスキーボイスで聞きたかったかな。
でもまぁ、TONIGHTが聞けただけで幸せなんだけどね。徳島に来て本当に良かった!


09「Wonderful Opportunity 〜MC」

続いて、TONIGHTと同じアルバム「IN THE LIFE」収録のワンオポ。
古くからファン人気が高く、マイナーなTONIGHTより歓声が大きかった。悔しい(笑)
ACTIONツアーではこのところ8曲目と9曲目を日替わりで演奏曲を変えていて、
1日目は夢見ヶ丘&Easy Come,Easy Go!で、2日目はTONIGHT&ワンオポ。
トータルで考えてもやはり2日目の方が魅力的に映る。1日目はイジカムがマンネリ(爆)
渚園でもやったワンオポだけど、基本的にはそれと同じようなアレンジだったと思う。
シンパイナイモンダイナイ〜♪のくだりの有名な振り付け・・・これが結構難しい!!
周りのファンは完璧に出来ている人が多く、見よう見真似でやってみても失敗。
事前に振り付けを練習し、マスターしてからライブに行くのがいいですね(笑)

曲が終わった後のMC。確か・・・バンドメンバーの紹介だったと思う。


10「BAND JAM 〜満月よ照らせ」

再びステージが暗転し、寒色系のライトに包まれる。
増田のキーボードソロが場内をマッタリムードに包む。いい音色でした。
バンドサウンドも好きですが、こういうコンピューター機器(テクノとか)の音も大好き。

キーボードソロが終わったが、間髪を入れずに、今度は満月よ照らせを演奏。
まぁーーんげつよ〜てぇらあせ〜ねむたいぼくのまぶたを〜♪と。
ACTIONでも微妙な位置づけのミディアムテンポの曲だ。バラードではないよな(笑)
生で聞くと良く聞こえるし、スクリーンの演出(満月がゆらゆらうねりながら登場)が良い。
ライブはどんな聞かない(または苦手)な曲でもカッコよく聞こえるので困ったものだ(笑)


11「HOMETOWN BOY'S MARCH」

アルバムACTIONの中で底抜けに明るいウキウキナンバー。B'z版トトロの曲(笑)
キーワードはHOMETOWNという事で、その土地のファンにスポットを当てていた。
スクリーンには、徳島のファンがB'zにメッセージを送る姿が映ったりしていたし、
演奏中は稲葉のビデオカメラ(?)で客席のファンを映し出していたり。いい演出。
歌詞は少し変更。徳島最終日なので「僕らはまたこの徳島にくるから〜♪」と変えて歌唱。
俺は徳島の人じゃないけど、地元のファンにとっては凄く嬉しい事なんだろうなと思った。
会場内の終始和やかな雰囲気が良かったし、サビのところがたまらなく気持ちよかったな。
みんながあったかい気分になれる名曲だと思えた。


12「永遠の翼」

ファンになってから、初めてフラゲ(というか新品で買うのを)スルーしたシングル曲。
その後、2nd beatのロンリースターズ目当てで買ったけど、1、2回しか聞いてない(爆)
典型的な王道バラード、しかもOCEANの二番煎じ。ライブ前までは退屈な曲だと思っていた。
しかし・・・映像に出てくる平和の象徴・鳩と、歌詞を思い浮かべながら聴くと、かなり泣ける。
タイアップが特攻隊の映画だったから、そりゃドンピシャリですよ。心に染み入った。


小さな幸せコーナー

2006年のモンガレの質問コーナーみたく、メンバーの素顔が伺えるコーナー。
ACTIONツアーの途中から始まったこの小さな幸せだが、実は結構楽しみにしていた。
しかし、メンバーは結構苦労しているようです。とにかくネタ探しに四苦八苦していると(笑)
原則的に同じネタは使えないし、例えば同じ会場でも1日目と2日目で同じなのは駄目。
その状況を見て、稲葉が「小さな幸せを探すあまり不幸になった」と冗談交じりで言う(笑)
会場も稲葉や他のメンバーの発言にドッと沸き、和やかな雰囲気。

それでは、ツアーメンバーの小さな幸せをどうぞ!

・増田(key)編
「こんばんわ〜」と阿波弁っぽいイントネーションで客席のファンへ第一声。
「小さな幸せ・・・プチプチ(梱包材)をつぶす時!」で、ファンの共感を大いに呼び、爆笑。
「でかいヤツは雑巾を絞るみたいにして潰すのが大きな幸せ」と、再び会場内が爆笑。
社長(増田は実は社長)の親しみやすいパーソナリティは相変わらず素敵だ(笑)

・バリー(Ba)編
英語で稲葉に小さな幸せの内容を語り、それを彼が翻訳したところ・・・
「ディズニーシーで会ったミッキーハウスがクールなナイスガイだった」って(笑)
よく分からん小さな幸せだが、まぁそれもありなんだろう。

・シェーン(Dr)編
すっかり定着したシェーン。かつての明石並に存在感がある感じ。
「買い物に行ったら、(バンドメンバー)の増田と大田に会い、遅刻しないで済んだ」と。
その時点で時間ギリギリだったんだろう。彼らに足を向けて寝れないな、シェーンよ(笑)

・大田(G&Vo)編
2003年のBMツアーから参加。一応doaのメンバー。
「今穿いているジーンズの意外なところにポケットがあった」と。結構会場が沸いてた。
これぞ小さな幸せ!・・・というか、小さな発見?!って感じだな(笑)

・松本編
1番面白かったのがTAKことB'zのリーダー・松本。
「ホテルに帰り、ペイチャンネル付けたら、ミナミの帝王をやってた」で大ウケ。
主人公・萬田銀次郎の物真似(利息はトイチ)がやたら似てて、ファンの爆笑を誘った。
ミナミの帝王が相当好きらしく、膨大なシリーズ作品の内、60本は制覇したらしい。
稲葉に「ペイチャンネルって、Hなやつ?」と突っ込まれたが、「違うよ!」と完全否定(笑)

・稲葉編
締めは司会者・稲葉の小さな幸せ。
「自転車に乗り、交差点の信号が赤の時、青になるまでハンドルを左右にガクガク振って、
地面に足を着けずに交差点を渡れた時!」腰をクネらさせながらその様子を熱演(笑)
稲葉も自転車に乗るんだ〜という意外感が、余計に共感と笑いを呼んでたな。
ファンの反応も良く、「今日はいいのが出ました」と、彼は満足気だった。

小さな幸せ、楽しかったです。こういう企画はいいね〜
テレビで見るB'zの姿しか知らない人は、もったいない。
テレビは緊張して苦手なだけで、実際の彼らはこんなにもお茶目なんですよ(笑)


13「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」

小さな幸せコーナーの余韻が残る中、ライブ本編に戻る。
今度はB'z史上最大ヒット&最長ネーミング曲の愛まま。ライブ初なので、楽しみにしてた。
今回は原曲に忠実な演奏ではなく、珍しいアコースティックアレンジの愛まま。
スローテンポになるかと思いきや、テンポ自体は原曲とほぼ一緒。
かなり新鮮だったし、結構好きかもしれんアレンジ。こういう感じも面白いと思った。
ACTIONツアーは是非DVD化して欲しい・・・ね?ビーイングさん。


14「GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-」

これもライブ初聞き曲。初期のアルバムRISKY収録の人気ナンバー。
いわゆるバブリーな時代の曲なので、今となっては死語満載な歌詞(笑)
でもこれが結構カッコいい。原曲を忠実に、今のB'zでぶっとい音で再現してみた感じ。
しかし、この曲で1番の見所だったのは、ライブ冒頭に出てきたパフォーマーのダンス。
彼らはダンサーだったのだ。曲に合わせてダンス。ブレイクダンスっていうのかな。
曲の途中で人形のように固まったダンサーと稲葉のやりとりが面白かったし、
ダンサーのパフォーマンスの後にカメラが松本に何度か切り替わって、
その度にいちいちカメラ目線な彼に場内は爆笑してた。まるでオチ担当だ(笑)
スクリーンに、SPLASH!ジャケ写の様なフォントで曲名が表示されてたのも印象的。
曲の演奏もさることながら、ダンサーとの掛け合いが楽しかった。是非DVD化を!


15「Liar! Liar!」

最初は何の曲か分かんなかった!光や音が凄まじい勢いで躍動する。
まぁぁああきろい〜〜〜のフレーズになるまで、この曲がLiar!Liar!とは気付かない。
でもこれがめちゃくちゃカッコよかった。このアレンジの方がいいかもしれない。
会場内も大いにヒートアップ!!ここから怒涛の盛り上がりを見せていく事になる。


16「さまよえる蒼い弾丸」

さま弾来たーーーー!!!!!!歓喜の俺、怒涛の攻勢で大盛り上がりの場内。
B'z全シングルの表題曲で1番好きな曲なだけに嬉しくて仕方ない。
毎回の様にライブでやってるが飽きん。不思議な事に。カッコよすぎて鳥肌モノだった。
さよならしよう〜の時に手と足を連動させてバイバイしている稲葉。これ、難しい。
大好きなコスモなギターソロだが、スクリーンにちゃんとコスモな映像が映ってて笑えた。
あ〜やっぱりコスモな感じで間違いないんだな、と(笑)


17「FRICTION -LAP2-」

怒涛の攻勢第3弾。今度はシャリがうまいね〜♪英歌詞ロックナンバーFRICTION。
シングルバージョンではなく、アルバムのLAP2バージョン。
絶対ライブで盛り上がると思ってたが、案の定だった。だって疾走感があってカッコいいし。
ライブ後半はノリノリ系曲に限るな!!リズム隊もいい仕事してます。


18「SUPER LOVE SONG」

2007年シングル曲。最近は全然聞いてないが、ライブで聞くとめちゃかっこいい。
イントロでいきなり爆破(特効)し、ファンの歓声が凄かったです。
これまでの怒涛の3連発の流れ+この曲が来たので、ワケ分からん位に盛り上がる。
これはいい。相乗効果でかなり良くなった(笑)今後のライブ定番曲になりそうだな。


19「MC〜 光芒」

稲葉から発せられた心に響くMC。
上手く言葉で表せないのが悔しいが、これが感動的なメッセージだった。
アルバムACTIONを総括するにふさわしい内容だったと思う。

そんな状況の中始まった光芒が凄まじく心に染みる。
アルバムの中でもかなりの名曲(近年屈指と言っても過言ではない)だったが、
その真価はライブで大いに発揮された。とにかく言葉にならない凄さ。
モンガレの時の雨だれぶるーずも凄かったが、あれとはまた違う雰囲気だった。
場内のファンは、ステージ上で圧巻パフォーマンスを繰り広げるメンバーを注視してた。
あと、CDにはないアウトロのギターソロが思いきり泣ける。神がかってた。


〜ENC〜

20「BURN -フメツノフェイス-」

圧巻パフォーマンスの光芒が終了し、これで一応ライブ本編が終わった。
アンコールまでの間、2階スタンドや1階アリーナで何度となくウェーブが起こる。
これが楽しい!会場にいるみんなと一体感を感じられて、ライブっていいな、と。
その後、稲葉らメンバーが再登場。そして、アンコール1曲目BURNの演奏開始!!

BURN -フメツノフェイス-は今年に出た新曲なので、ライブではもちろん初聞き。
実はあまり聞いてない(むしろ3rdの希望の歌ばかり)。ライブではどうかな〜と思ってた。
でもやっぱりB'z。そんな曲でもめちゃカッコよく聞かせてくれる。
ライブの演奏を聞いてしまうと、CDで聞くと物足りなくなってしまうのが恐ろしい(笑)
曲全般で特効しまくりで、非常に盛り上がった曲だった。フメツノビーズ。


21「ミエナイチカラ〜INVISIBLE ONE〜」

とうとう最後の曲がやってきましたよ。
これまたライブ初聞き&シングル表題曲ではライブ演奏がレアなミエナイチカラ。
モンガレのRUN同様、最近はしっとり余韻を残す感じの曲がトリの傾向が強いな。
盛り上がり系曲で終わる方が好みだけど、しっとり系のミエナイチカラも良かった。
これでライブという非現実の楽しみが終わってしまうのは寂しいけれど(笑)


そしてライブは無事終演。盛り上がり過ぎたせいか、あっという間に終わった印象。
徳島公演はイマイチ盛り上がらないと聞いていたが、どこが??と思った(笑)
「おつかれ〜〜」の声で締めて、メンバーが退場するのを見届け、俺も客席から退場。

B'zはこの時に未発表の曲(いわゆる客だし曲)を流すのが恒例なんだけど、
今回の客だし曲は超ツボ!!ポップな感じで、早口のところが凄く新鮮。
なんとなくYUIが歌ってそうな感じの曲?みたいな(笑)
いずれCD化されるとは思うから、その時が非常に楽しみっす。いじらないで欲しい。

あ〜あ。ライブが終わってしまった。しかし・・・めちゃくちゃ楽しかった!!!
過去に参加したB'zライブで1番良かったんじゃないかな、と思える程だ。
セットリストも参加したライブの中で最高だった。聞いて微妙に思った曲が今回はなかった。
それに・・・TONIGHTが聞けただけで幸せ。もう思い残す事はない(笑)
今回の徳島公演の会場となったアスティとくしまも素晴らしかった。音響が凄く良い!!
それにキャパ5000人だけあって、ステージが近く、ファンとの一体感もよかったし。
またここに来たい!!と心底思いました。今度から大阪公演より、こっちを狙うかも(笑)

ここから大阪に帰らないといけないと思うと気が重いけど、もうちょい頑張るとしますか。
帰りは南海フェリーではなく、裏技使用で淡路島経由でひたすら高速を走るルートで。


ライブ会場から一気に人が溢れ出るので、タクシー乗り場とかはかなり混雑状態。
アスティから徳島駅方面へ向かう歩道も凄い事になってた。
上の写真にもあるけど、天気がかなり怪しげな感じになってきたのが気掛かり・・・

ファンの列が途切れないので、駐輪場からバイクを出すのに手間どったが、何とか脱出。
R55に出たらバイクの機動力を活かし、すーいすい。
車よりバイクで行くのが正解だなと思ったが、鳴門から高速に乗るとそれは違うかもと思った。
懸念してた雨がいきなり降ってきたから(´Д`)
車だと濡れずに済むし、車内で歌いながら気持ちよく走れるが、バイクはそうもいかない。
カッパを着てないのが誤算。緊急停車して着たかったけど・・・止まれそうな場所がないし。
そうこうしている内に、いや〜な鳴門橋に差しかかろうとしていた。
なんでまたこんな時に・・・(沈)

鳴門橋は大嫌いです。
ここは橋と橋の繋ぎ目の鉄板溝が大きくて、バイクで走ると非常に怖い。横風も強い。
しかも雨ですよ雨。滑ってこけたら・・・即黄泉の世界へ誘われかねない(((゜Д゜;)))・・・
宵闇&大雨&横風&後方煽りと、最強条件が揃った鳴門橋はひたすら怖かった。

淡路島に入ってすぐの所にあるパーキングエリアでカッパ装備。
早めにカッパを着ることが出来たので、びしょ濡れは何とか回避できて良かったです。
しばらくここで休憩していると、B'zライブ帰りだとすぐに分かる人達が結構居た( ̄▽ ̄)
何かこういうのって嬉しい。

休憩後は、再び闇の中の淡路島の高速をひたすら北上。意外なことに100キロ制限だった。
淡路島は南北に長いので、高速で縦断するにしても結構な時間がかかった。
21時半に淡路SAに到着。雨は一旦止んでたが、この時だけだった。
せっかくここに寄ったので、明石海峡を一望できる公園へ。
明石海峡大橋のライトアップはバリエーション豊富で、時間帯や季節によって色々変動する。
何度見ても綺麗やわ〜(´▽`)夜景効果もあって尚更だ。
ちなみに三脚を持ってなかったので、ブレ対策としてベンチにデジカメを置いて撮影。
当初は徳島で晩飯食べようかと思ったけど、ラーメン以外思い浮かばなかった。
昼夜とラーメンはアレだし、ファミレスやファーストフードもなぁ・・・って事で、徳島スルー。
結局ここまで晩飯を我慢してたけど、それも限界を感じ、かき揚丼とうどんのセットを食べた。
味はまぁ・・・こんなもんかという事ですね。かき揚丼だけにすればよかったかな。

淡路SAを出て、明石海峡大橋をバイクで初めて渡り、垂水JCTの料金所をETCで通過。
この時の料金を見て驚き。二輪3814円。高っけぇー!!(;゜д゜)
やはり橋のせいか・・・それに、深夜割引が効いてる時間帯じゃないのが痛かった。
しかし、何でこんな中途半端な通行料金なんだ?割引が効いているのかな?謎。

その後、第二神明→阪神高速神戸線→京橋で乗継→ハーバーハイウェイ→湾岸線→帰宅

だったわけですが、湾岸線の鳴尾浜を過ぎると、今回最大の大雨が到来。
耐水性が劣化しまくりのカッパでは防げない。おかげで服の中までびしょ濡れ(´Д`)
いい加減買い換えねばな・・・ゴアテックス高いけど欲しい。
おまけに高速走行が激しくデンジャラス。走行車線をキープして安全運転を心掛けた。
最後まで雨に祟られ、雨バイクの面目躍如だったな(爆)

びしょ濡れにはなったが、無事に帰宅。目標にしてた日が変わるまでに到着できて満足。
今回のライブでゲットしたグッズ達。
ライブでいつも配布している新聞は公演日毎にネタが変わり、ライブジムの記念品だ。
ACTIONキャップは結構お気に入り。
ガチャガチャのルームシューズ。勿体無くてまだ中身を出してない(笑)
同じくガチャガチャの黒ヒゲ危機一髪ACTIONゲーム。これも中身を出してない。
今回は金欠だったが、9月のプレジャーではグッズで困窮な思いをしないようにせねば(笑)

TONIGHT目当てでACTION徳島公演のチケットを取り、雨の中徳島まで行ってきた今回。
徳島に行って・・・本当に良かった!!!最高でした。
意外にも大阪ドーム以外で見たB'zライブって、このアスティが初めてだったりします。
このアリーナの良さを知ってしまった以上、ドームよりアリーナだなと。ホールが1番だけど。

しばらくはライブ後の燃え尽き症候群が続くだろうが、9月にはプレジャーがある!!!
そう思うと、また元気になれるぞ。それにウルトレもあるじゃん。
今の気持ちは・・・早く来い来い、9月6日!!!です(笑)

拙いライブレポートではありますが、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

INDEXへ戻る



★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか?

B'zページトップへ戻る

HOME