B'z LIVE-GYM Pleasure2008 -GLORY DAYS-

in神戸ユニバー競技場(2008年9月6日)

+ おまけ "裏"B'z LIVE-GYM Pleasure2008 -GLORY DAYS-



INDEX(クリックするとジャンプします)
プロローグ 〜奇跡〜
B'z LIVE-GYM Pleasure2008 -GLORY DAYS- in神戸ユニバー競技場 開場16:00 開演17:00
"裏"B'z LIVE-GYM Pleasure2008 -GLORY DAYS-

(注意)余りにも濃い時間だったため、既に記憶があやふやな点あり。




プロローグ 〜奇跡〜

6月の徳島アクション公演に参加した後、B'z熱は沸点を遥かに超越していた。
今まで以上にB'zを好きになった感じで、iPodでも聞きまくり。1日5曲は聞いてたもんなあ。
そして、8月後半。ビーパの優先予約で取ったプレジャー神戸公演のチケットが来た!!!
今回は黒か。封筒の厚み確認・・・ああ、今回もM&G()は無いようだ、残念。

※ミート&グリート。各公演10人(組?)限定でB'zの楽屋にご招待というスペシャル企画。
もちろんB'zの2人に会える。ファンの誰もが夢見るが、確率的に宝くじ級なので当たれば奇跡。
これに当選しているか否かは、チケットの封筒の厚みでわかる・・・らしいが。

まぁ、M&Gは当たるわけないよな〜と思い、中のチケットを取り出そうとしたら・・・
ん?宛名の下に注意書きが。2006年のモンガレチケットの時はこんなのなかったぞ。

この時、俺は全然気にもしてなかった。この注意書きがあるということの本当の意味を・・・
封筒の中身。チケット、アクセスの詳細が記されたチラシ、ロゴ入りキーホルダー。
チケットは20周年の記念ライブにふさわしいデザイン。一般チケットより優越感を味わえる(笑)
チラシには、車で行く人用の駐車場券(抽選)、近郊・遠方からのアクセスバスの詳細が記載。
おぉ!!アリーナ来たーーーーー!!!!!あのCOR以来や(´▽`)
しかもアリーナAブロック・・・これって、めちゃくちゃ良くね?!
ただ、このチケットには列表記が無く席番号表記の為、具体的にどこになるのかが分からん。

ネットで調べたら、アリーナは前から順番にA、B、C・・・とブロックで区分されているらしい。
この時点で、かつてない良席なのは間違いないと悟ったが、まだ冷静な自分が居た。
で、アリーナAブロックは、更に小さく分けられ、左端からA1、A2、A3・・・と区切られてた。
その各ブロックは大体1〜100番くらいの席番が割り当てられているみたい。
ネットで得た情報と自分の席番と照らし合わせた結果・・・どの辺の席か判明した。

マジかよ・・・これって最前列やん!!!!((( ゜д゜;)))

頭の中が真っ白になった。ライブ参加5回目にして奇跡が起きた。最前列と言う名の奇跡が。

そっか・・・さっきの宛名の下の注意書き()はこういうことやったんやなあ。

※ファンクラブ発行のチケットで、アリーナ前方の人だけしか記載されていない。
目的は転売対策。この前のアクションツアーから実施。会員証と身分証明証が必要となる。
今回はアリーナのAブロック8列目以前がその対象だったようで、いかに神席かが分かります。
最前列というのがまだ信じ難い中、車の駐車券も忘れずにローソンでエントリーしておく。
これは抽選販売なので、外れたら辛いよな〜と友達と言ってたが、何とか当選。一安心。

ライブの日が近づくにつれ、1番の不安要素は天気だった。
最初の予報では、6日晴れになってたのに、日が近づくにつれ曇りや雨マークに(´Д`)
しかも、今夏に誕生した流行語大賞の有力候補「ゲリラ豪雨」がこの頃も頻繁に発生。
ライブ前日の金曜もいきなりのゲリラ豪雨、これが明日発生したらライブが中止になるかも・・・
とにかく、1番最悪なシナリオはライブ中止だ。
奇跡的に最前列になったのに、もしゲリラ豪雨で中止になったら本気で泣く。
天気予報にこれほど一喜一憂したのはかつてなかった。

●ウェザーニュース 神戸総合運動公園(神戸ユニバー競技場)

いつもチェックしているウェザーニュースの予報は最悪だった。
上段の2日発表では6日曇りとなってたが、下段の4日発表では6日に雨マーク登場(´Д`)
下のヤフー天気と妙に違うのは、ウェザーニュース独自の予報が要因らしいが。

●ヤフー天気予報 神戸総合運動公園(神戸ユニバー競技場)

普段はあまり見ないヤフー天気予報。
こちらは最初の予報では6日雨だったものの、次の発表では曇り時々晴れになってた!
俺はウェザーニュースを見限り、ヤフー天気予報をひたすら応援していた(笑)

INDEXへ戻る

B'z LIVE-GYM Pleasure2008 -GLORY DAYS-
in神戸ユニバー競技場

そして、運命の6日土曜日の朝がやって来た。
9時頃起床、カーテンの間から日が差し込んでいる・・・!!晴れた!!!(´▽`)
でもここはユニバーではなく大阪南部。こっちと向こうが一緒の天気とは限らない。
パンを頬張りながらパソコンを立ち上げて、ウェザーニュースとヤフー天気をチェックすると・・・
う〜〜ん・・・昨夜チェックしたのとあまり変わんないみたい(´Д`)
とりあえず、カッパと着替えとゴミ袋を忘れずに持って行くようにしないとな。
家を出発し、友達と合流し、下道でひたすら神戸市須磨区にあるユニバー競技場を目指す。
写真はR2のJR三宮駅前を過ぎたところ。途中マクドで昼飯。
ここからR428→西神戸道路を経て、ユニバー競技場のある総合運動公園へ行くのだが、
あれ?!西神戸道路って、少し前に無料(※)になったんじゃなかったの?!
まさか料金所で200円取られるとは思いもせず。なんてこった。まぁ、近道だしいいか。

西神戸道路の後は、ニュータウンの快走路をしばし走り、ユニバー競技場前に到着。
車はユニバー競技場に1番近いところに止めることが出来てラッキー。
会場周辺は既に結構な数のファンがいる。やっべぇーー!ちょっとワクワクしてきたぞ!!

※完全に俺の勘違いだった。
以前、確かストライキで無料の時期があって、そのまま無料開放されたと思い込んでた。
今年の10月1日から鵯料金所が閉鎖され、無料開放になるんだって。
ライブの横断幕ゲートの向こうに見えるのが会場となる神戸ユニバー競技場。
しかし・・・この天気の良さは何だ?!夏みたいに暑い。昨夜までの予報は外れそうだ。
普段はJリーグヴィッセル神戸の準ホームスタジアム。
音楽のライブ会場としての使用は今回のB'zが初めてで、いわゆるこけら落としになる。
ユニバー競技場自体は20年ぐらい前からあるスタジアムなんだけどね。
ユニバー競技場とスカイマークスタジアムの間にある地下鉄総合運動公園駅。
ユニバー最寄の駅はここだけなので、ライブ開始前や終演後は凄まじい人込みになりそう。
大阪ドームの場合は2つの駅(JRと地下鉄)があるけど、ここは1つだけだし。
ちなみにこの辺は食事をするところが全然なく、駅横のローソンしかないのがネック。
2003年に開催された兵庫国体のマスコットキャラ・はばタン。駅前広場にあった。
今でも県内人気は高いらしく、最近だとあの大人気キャラひこにゃんとも共演したとか。
会場内マップ。グッズ売り場はライブ会場に隣接していなくて、駅前広場の1箇所のみ。
あと、トイレの数がかなり少ないと思った。女子トイレはどこも長蛇の列・・・((( ゜д゜;)))
とにかく暑い!カキ氷やらラムネやらクールダウン出来そうなものを販売してた。
今回のガチャガチャの一覧。でも全体的になんかビミョー。アクションの時の方がいい。
ラインナップにあまり魅力を感じなかったので、初めてのガチャガチャスルーとなった。
他のファンも今回のガチャガチャはハズレと悟っているのか、結構空いていた。
しかし、グッズの方は凄まじい行列だった。過去に参加したライブジムでこんな行列は無い。
500m・・・いや、下手すれば1kmは並んでいたと思う((( ゜д゜;)))
スタジアム公演のスケールの違いを感じた。更に最後尾が遠すぎて挫折しそうにもなった(爆)
それでも気力を振り絞り並んだが、上の写真のように列が折り返しているのだから恐ろしい。
俺らの後ろにも人がめちゃくちゃ並んでいた。どんだけ〜〜。ある意味地獄絵図。
グッズ買う為に〜森の奥へ〜足を踏み入れてしまったよ〜♪(BM12曲目爆)

とにかく暑いんです!!(川平慈英調。兄も可:爆)
ぶっちゃけ、倒れる人がいても可笑しくないくらいの猛暑っぷりでしたよ。
行列に並んでいた誰もが、この水の国という浅瀬のプールに飛び込みたいと思ったはず。
並び始めて約50分。よ、ようやくここまで進んだ。。。ヾ(;´Д`)ノ
ようやくグッズ売り場の中へ入れた。購入したのはパンフとR&RTシャツ(紫)。
パンフは今回買うのが初めて。写真集は興味なかったが、今回はインタビュー付なので買った。
あと、Tシャツ類を買ったのも初めてだ。そろそろ欲しいと思ってたので。
限定のツアーTシャツも欲しかったが、黄色は24時間テレビだし、黒はありきたりなのでパス。
後で知ったけど、ツアーTシャツにスペルミスがあった。Sunでなく、Sanになってたとか。
駅横のステージで芸人?の漫才ショーみたいなのをやってた。カンニング竹山っぽい。

これも人気が出ると思ってた。某ディズニー25周年そっくり仕様のキーチェーン(爆)
資金的に余裕があれば欲しかったけど、それにしても高いよな。
ウルトレポスター。徳島で見たウルプレの色違いみたいなもん。
ライブ会場でウルトレを買えるのは、9月20日・21日の日産スタジアム公演だけだ。

会場周辺の散策もだいたい終わったので、とりあえず要らない荷物を置きに駐車場へ戻る。
ゲリラ豪雨が怖いので、カッパだけは忘れずに持っていくようにした。重いけど。
さっきよりも歩く人の数が増えてきたな。もうカラオケジム始まっているようだし。
Cゲート入口前にカラオケジムの予選が行われていた。
先着30名しか歌えないらしく、その中に入るには昨日の夜から並ばないと無理だったとか。
30名を幾つかのグループに分け、各グループで1番拍手が多かった人が予選通過。
ちなみに、OCEANを歌ってた人が1番上手かった。声も似てたし、拍手喝采だったね。
観光地に行くとよくある顔抜き・・・もとい、フォトオプチュニティー。
今までリリースされた作品のジャケットが4種類用意されてた。ACTIONは外せんよな。
1番売れたオリジナルアルバムLOOSE。白を基調とした安心感のある王道ジャケ写。
でもこれだけサイズがやけに小さかった(笑)
SURVIVEもあった。このジャケ写は結構好き。
TAKのシュールな表情がたまらないギリギリchopのジャケ写。
せっかくの機会だし、近くの人に頼んで写真を撮ってもらった。ちなみに稲葉役は俺^^;

他のイベント(エアギター、フェイススタンプ、大道芸)はどこでやっているのか分からず。
そうこうしているうちに、開場の時間が迫っていた。

うぉお!!ステージ近っ!!!本当に最前列かと思うと、めちゃくちゃ興奮してきた・・・!!
アリーナゲート。入場後は、写真奥に見えるメッセージボードでB'zへのメッセージを書く。
アリーナは水以外の飲み物の持参が禁止(芝生保護の為)、食事ももちろんNG。
つーか、ライブ中に何か食うとかありえない。ましてやアリーナとかになると。

さぁ・・・いよいよだ。
2003年9月21日のファイナルプレジャーin渚園にて一旦は封印されたプレジャー。
しかしその封印は、この神戸ユニバー競技場にて5年ぶりに解かれようとしている・・・!!




開場〜カラオケジム本選

アリーナ入口は、マラソンランナーが競技場へ入ってくる時のような感じになってた。
その先に見える広大なアリーナ席と巨大ステージセットを見ると、めっちゃ興奮してきた!!!
ライブ自体が初めての友達もテンション上がってきたと嬉しそうに喋る。
周りを見回すだけでも興奮。この巨大空間がファンで埋め尽くされるのかと思うと鳥肌もの。

チケットに記載された席番を頼りにどんどん前へ進む。どんどんステージが近くなる・・・!
アリーナAの8列目から前は身分証明を要求されるので、会員証と免許証を提示し指定の席へ。
やっぱり最前列。おいおいおい・・・!!!これ、笑ってしまうぐらい近いぞ!!!!
メンバーの表情丸分かりだろうし、稲葉や松本と目が合いそうだ。事の重大さを改めて知る。
まだライブが始まってないのに、友達もすっかり興奮しぱなっし。これはマジでやばい!!
席には赤いミニタオルが付いてた。なるほど・・・アレをやるな( ̄▽ ̄)と思った。
あと、NHKのカメラが席の前に居た。10月放送のNHKスペシャルのB'z特集用だな( ̄▽ ̄)

従来のライブジムは、開演までは洋楽アーティスト(主にHR系)の曲が流れるけど、
このプレジャーライブではB'zの曲が延々と流れていた。しかもマニアックな曲も流れてる(笑)
覚えているのだけでも・・・
・GO-GO-GIRLS
・UBU
・コブシヲニギレ
・BURN-フメツノフェイス-
・それでも君には戻れない
・スイマーよ!!
・Warp
・さよならなんかは言わせない
・MONSTER
・愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない etc...
ここで流れた曲はライブでやらないんだろうな、と思ったら、その通りだった。
しかし、最新シングル曲なのに演奏されないBURNって一体・・・(爆)

新旧メジャーマイナーなB'z曲が流れている途中で、カラオケジムの本選が行われた。
B'zもこの後立つステージ上で歌えるのだから、一生の記念になるし、めちゃくちゃ羨ましい。
予選を勝ち上がった人達なので皆上手いけど、やはりさっきのOCEANを歌ってた人が1番かな。
思わず聞き惚れてしまう。文句のつけようがない。しかもただの素人みたいだから余計に凄い。
あと、カラオケジムは衝動やイジカムを歌う人が多かった。さま弾は少なかったな(笑)
時間つぶしになるし、テンション上がるし、楽しくなってくる。またやって欲しいイベント。


オープニング

空を見上げても雨は全然降りそうにない。どうやら心配は杞憂で終わりそうだ。
18時を回った頃だったか。ステージ横の鉄塔からスモークが大量発生!!
会場全体から地鳴りのような歓声がこだまする!!やばい!!!もうすぐ始まるぞ!!!!
スモークがしばらく吹き続けて、ステージの左右にある大型スクリーンに映像が映る!
最初は水の中にいる外国の赤ちゃんの姿が映し出され、どんどん泡が出てきた。
その泡の中に各年代のPVが途切れ途切れで映り、それがどんどん現在へと近づいていく感じ。
赤ちゃんもPVが現在に近づく度に成長し、綺麗な女性の姿へなってゆく。最後は20歳。
彼女が深海(昔)から水面(現在)を目指して、泳いで、泳いで・・・そして・・・
「ステージ上に彼女が出てきそうだな」と思ってたら、リフトで本当に出て来たーー!!!
友達や近くの人は「稲葉さんだ!!!」と興奮してたけど、よく見ると全然違う(笑)
異様な雰囲気の中、その女性がステージのマイクに近づき、予想外のセリフを発す!!!

・・・Well, I realy don't know how to say but I guess I love you.


01「BAD COMMUNICATION -ULTRA Pleasure Style-」

すげーーーーー!!!!何この神がかったオープニングからバッコミへの流れ!!!!
既に超鳥肌モノだったけど、その直後にステージ両サイドから花火の爆発が。
ここでB'zの2人とサポメン達がリフトでステージ上に登場。テンションが超最高潮に!!!!
あの稲葉が、松本がめちゃくちゃ近いぞぉおおおおおーーーーー!!!!!!!
ヤバイ、あまりに興奮し過ぎて泣けてきそう。友達もかつてない興奮状態に(笑)
ほとんど頭の中真っ白でひたすら拳を突き上げてた。もう・・・たまんねぇえええ!!!!
冷静になろう。今回のバッコミは予想通りのウルプレスタイルっぽいアレンジ。
いつもはラストの方でやってるだけに、まさか1曲目とは・・・。いい意味で予想を裏切ってくれた。
このバッコミはオープニングからの流れが超絶鳥肌モノ。DVDでまた見たい!!!
もうね、これを書いている今でさえ、思い出す度に鳥肌たってます(笑)
参加したライブの中だと、1番凄かったと思うオープニングから1曲目への流れだったな。


02「ultra soul 〜LIVE-GYMにようこそ」

もはや1曲目だけで完全燃焼した(笑)最前列というのもそれを助長させたのは間違いない。
しかしプレジャーライブはまだまだ始まったばかり!!!なんという幸せ!!!!!!
2曲目はウルソが来た!!!これもいつも大体終盤の要だから、まさか!!って感じ。
定番中の定番だけど、サビ最後のジャンプは楽しいし、ウルトラソウルの掛け声もいい!!!
アルバムツアーでも大概やっててマンネリだが、楽しいものは楽しい。最高!!!!

稲葉「B'zの・・・」
観客「イェーーーイ!!!」
稲葉「B'zの・・・」
観客「イェーーーーイ!!!!!」

この後お決まりの「B'zのライブジムにようこそ!!!」と行かずに、スクリーンに切り替わる。
開場前のファンの映像(B'zの・・・が入った)が次々登場し、サポメン達もひそかに出演(笑)
そして、映像の最後でツアトラの運転席に収まる松本!
窓から身を乗り出し、カメラを指差して「B'zの・・・」と言うと、ステージの稲葉へ画面が戻る!

稲葉「B'zのライブジムにようこそぉーーーー!!!!!」

会場内は溢れんばかりの大歓声。ここもオープニングみたいに鳥肌モンでしたよ。


03「裸足の女神」

ライブジムにようこそから間髪入れずに93年のヒット曲裸足の女神来た!!!
うぉお!!ここでこの曲来るか?第3弾。まるでアンコールのような流れだな(笑)
あえて今回はそういう定番曲を序盤で消化してしまおうという考えか。
となると、終盤はいつもと違う曲をやりそう。プレジャーならではのお楽しみだ。
この曲、しょっちゅう聞いていると思いきや、それはDVD。実際に聞いたのは今回が初。


04「BLOWIN' -ULTRA Treasure Style-」

こんなに有名シングル曲を序盤にバンバンやってしまっていいの??みたいな。
有名曲の連発で客のテンションもヒートアップ!!まさにプレジャーだ。
このBLOWIN'はウルトレバージョンらしく、骨太なサウンド。モンガレの時は原曲に忠実。
昔、B'zと言えばこの曲のイメージが強く、金盤の時に「何でBLOWIN'ないの?!」と思ったっけ。
どうしても聞きたくて、金盤を買った翌日に近所のCD屋に走り8cmシングルのBLOWIN'を買った。
しかしその後、銀盤が出て、BLOWIN'(しかもTIMEまで)が収録されたのを知り、涙目だった(笑)


05「ねがい」

増田の綺麗なピアノソロから思ったのは、03年渚園みたいに違う曲に行かないで!と(笑)
今回は曲が変わる事もなく、ねがい来たーー!!この曲も思い入れが深いので感慨深い。
毎回のようにライブでは歌わない、いわば準定番系だけど、この曲も盛り上がっていいなあ。
とりあえずひたすら興奮してて、拳を突き上げてた印象。あーー楽しい!!最前列効果は凄い。
有名な水を蹴り上げるPVっぽいマイクスタンド使いもツボだったりする。
友達はこの曲をやって欲しいとライブ前に言ってたので、さぞ嬉しそうにしてたよ(笑)


06「今夜月が見える丘に」

松本のギターソロから始まった。2000年のヒット曲、今夜月が見える丘に。
これこそ毎回のように聞いている定番系。確かにマンネリ。でもいい曲ではある。
それと忘れてはいけないのが、この曲を歌っている時にバックスタンドの空に月が出てた事。
今夜月が見えるユニバーの丘に。これがすごくハマっててた。
月に気付いた稲葉が月のある方を指さしたり、空に手を伸ばしている素振りが印象的。
ちょうど曲が終わる頃には雲の中に月が隠れた。自然現象すら演出にしてしまったB'z(笑)
月のお陰でいつもとは違う感じで聞けて良かったな。


07「もう一度キスしたかった 〜MC」

意外とライブでは初聞き曲。切ないんよ、増田のキーボードソロから始まるこの曲。
ライブ会場全体を紫系統の照明が包み込んでいるのも雰囲気が出ていいし。
こういうマイナーコードのバラードは涙腺が決壊しそうでヤバイっす(笑)
そういえば、この曲(だったかな)で松本がテンガロンハットを被ってた。これが似合う。

曲が終わり、今回初の稲葉MC。場内はまた盛り上がる。
「晴れたのは皆が持ってきてくれたパワーのおかげだぞー!!」
「久しぶりのプレジャー、声が枯れるまで体がボロボロになるまで楽しんでってください〜!!」
こんなニュアンスの言葉を言ってたと思う。


08「恋心(KOI-GOKORO)」

やっぱり来たかーー!!恋心!!!ふ、振りが分からん・・・(;´▽`)
ウルトレの投票2位から裏付けされるように、イントロが流れた時から大盛り上がり!!
なんでこれがシングル曲じゃないんだろうと思うテンションのアゲアゲっぷり(笑)
CDで聞くのはおなかいっぱいだが、ライブ(特にプレジャー)では欠かせない曲なんだと実感。
最初は振り付けが全然分からず、隣の人を見てやってたが、中途半端にしか出来ない。
稲葉が振り付けをしながら歌ってるので、それを真似したら何とか出来た(笑)


09「孤独のRunaway」

うぉおおーー!!まさかこれをやってくれるとは!!!かなり嬉しくて軽くパニック(笑)
初期の有名曲だけど、最近は全然してなかったし、曲の存在も薄れていただけに予想外だった。
赤の照明がステージ上を照らしたり、サポメン後ろのスクリーン映像がサイバーでかっこいい!
CDで聞く以上にライブ映えする曲だと思ったし、ここでテンションが再びマキシマムへ!!
最高ーーー!!ライブに来て良かったーーー!!!(ってまだ終わってない:笑)


10「Don't Leave Me」

いつの間にかブルースハープを吹いている稲葉。しばし松本のギターと掛け合い。
そして、この曲のイントロが流れ始めた。BM以来のドンリブ来たーー!!!!!
ブルースで渋いロックナンバーだけど、会場内のテンションはまだまだ上がる上がる。
おまけに、あのアギャギャギャギャギャシャウトが聞けた!!!感無量っす。カッコ良過ぎ。


11「OCEAN」

予定調和。近年のヒット曲だしやらないはずがない・・・と思ってたらやっぱり(笑)
これをするなら、不遇な「愛しい人よ〜」とか「GOLD」あたりが聞きたかったのが正直なところ。
海を舞台にしたドラマ主題歌らしく、会場全体を綺麗な青の照明に包まれててグ〜!
音響ミスがあり、稲葉がイヤモ二を何度もいじりながら懸命に歌ってた。


12「NATIVE DANCE」

稲葉がロボットみたいな手の振りをし、あーいやーいあーいやーいあい〜と歌い始めた。
うおぉおーーマジかよ!!!NATIVE DANCE来たーーーーーーー!!!!!!!
まさかのレア曲が聞けるなんて思いもしなかっただけにめちゃくちゃ感激。泣きそう。
徳島のTONIGHTを聞いた時みたいな気分。この曲も大好きです。ウルトレにも投票したし。
RUN収録のみのアルバム曲だけど、結構な人気曲。ポップで盛り上がるし、何よりライブ向き。
スクリーンにオープニングの女性が映ってて、この曲の振りを一緒にしてて笑えた(笑)
この曲が聞けただけでも、チケット代の8500円分は余裕で回収できたな、と。


過去のテレビ出演映像〜MC

曲が終わると会場が暗転。するとスクリーンには過去のテレビ出演時の映像が!!
しかもかなり古いのばかり。夜のヒットスタジオ(フジテレビ)の時のやつみたい。
それでフジテレビが今回のプレジャーの主催になっているのかと思った。
流れた曲はこの4曲。

「太陽のKomachi Angel」
「Easy Come,Easy Go!」
「LADY-GO-ROUND」
「BAD COMMUNICATION」

個人的には、B'zの歴代シングルで1番不遇なLADY-GO-ROUNDが聞けてめちゃ嬉しい!!
ベスト未収録(フラッシュバックは除く)だし、こひしかるべき〜(ラウンラウンラウン〜)だもんな。
バブリーな時代故なのか、衣装とかメイとか腰使いとか・・・凄い。そして爆笑(笑)
こういった懐かしい映像をライブ会場で流すのもいいな。他のファンの反応が楽しみだし。

客の視線がステージ両サイドのスクリーンの過去映像に釘付けになっている間、
ステージ上には「SOUND JOKER」というスタジオのセットが組まれていた。
これはB'zがデビューする前、2人が初めてセッションした場所(六本木)で、それを再現したもの。
そのセットの扉を開けて2人が入ってきた。ちょっと文化祭の演劇っぽい(笑)

ここから椅子に座った2人によるトークタイム。
過去映像の腰使いの激しさは何だったのかとか、セッションで起きた珍事件とかを語る。
デビュー前の裏話は初めて聞くエピソードばかりで、新鮮かつ面白かった(笑)
そして、SOUND JOKERでセッションした時の曲を演奏することに!


13「Oh! Darling 〜MC」

説明不要のバンド・ビートルズの「Oh! Darling」をB'zがカバー。
この曲は初めて聞いたけど、稲葉の歌い方が凄く上手い!!すっかり自分のモノにしている。
松本のギターと稲葉のボーカルだけで歌うだけだが、そのシンプルさがいい。
20年前に歌った曲を20年経った今歌う。とても感慨深いものがある。いい演奏でした。

演奏後、再び2人によるトーク。
デビューして、アルバム2枚目(OFF THE LOCK)までは、ずっとレコーディングをしてて、
その合間に松本が講師をしてたギター教室を全国津々浦々でやってたと語る。
当時の松本はTMネットワークのサポメンをやってたので、稲葉もそれに便乗してたとか(笑)

スタッフが青いギターを持ってきた。昔は3本あったけど、今は1本しかないやつだ。
あの時(93年)に調子にのって渚園で燃やしたとか言ってた(笑)
ギター教室、カラオケ仕様でプチライブをした話を経て、予想外の曲にスポットが当たった!

稲葉「今日は久しぶりにカラオケスタイルでデビュー曲をやりたいと思います。知ってる?」
観客「だからーー!!」
稲葉「B'zのデビュー曲は??(笑)」
観客「だからその手を離してーー!!」

あやふやだけど、確かこんなやりとりだったと思う。俺ら、稲葉に弄ばれてたな(笑)


14「だからその手を離して」

ライブで初めて聞くデビュー曲。まさか聞けるとは思わなかったので、めちゃ嬉しい!!
MCからの流れで、カラオケ仕様(B'zで言うTV Style)で歌うので原曲に忠実なバージョン。
2人がやたら楽しそうに歌ってたのが印象的で、カメラ目線で歌ってたのも面白かった。
そして、最後に何故かDAIGOのポーズを決める稲葉(笑)


15「いつかまたここで」

稲葉が20年で出来た大事な絆を思い歌った曲。ウルトレ3CD収録の新曲。
まだウルトレがリリースされていない状態だったので、観客はみんなこの時が初聞き。
2人が椅子に座り、楽器は松本のギターだけ。弾語りのような感じの演奏形式だった。
しかし、この曲は予想以上に染みた。ヤバイ・・・特に歌詞がヤバすぎる。
曲はミディアムテンポのバラードに近い。CDで聞くのとは若干違うだろうが、メロも好み。
笑いの渦から感動の渦へ変わった気がする。本当にいいプレイだった。

演奏後、セットのドアから2人が出て行くんだけど、
最後だった稲葉が、ドア隙間から顔覗かせて遊んでたのがなんかかわいかった(笑)


16「ONE」

SOUND JOKERの部が終わり、次に流れ出した曲のイントロは・・・ONE。
さっきの「いつかまたここで」との相乗効果で、普段全然聞かない曲がやけに染みる。
これを表題曲にしなかったB'zって凄いよな。一般受け間違いなしの名バラードなのに。
そういうB'zが好きだったりもするけど(笑)

この曲が終わり、さっきのオープニングで登場したスモークが再び会場を包む!
いくつもの緑のレーザー光線が空を照らし出した。これは・・・!!!


17「LOVE PHANTOM」

やっぱりラブファン来たーーーー!!!!!会場の歓声も一際大きなものになった。
何回かライブで体験しているのにも関わらず、イントロが流れた時の鳥肌感は凄いぜ。
ステージの左右にマットらしきものが見えたから、ダイブするかな?と思ったけどしなかった。
それがちょいと残念だったけど、曲自体は盛り上がったし、楽しかったのでいいや。

曲が終わると、意外にも(?)ここでメンバー紹介。いつもjuiceでやるイメージがある(笑)

ドラム:シェーン・ガラース
ベース:バリー・スパークス
キーボード:増田隆宣
ボーカル&ギター:大田紳一郎(from doa)
右から順番にメンバー紹介するんだけど、途中で増田を飛ばして大田へ。
「??」と思ってたら・・・最後に増田が紹介され、キーボードであの曲のイントロを!!


18「ZERO」

なるほど、こういうわけか!それにしてもZEROのイントロを弾く増田の嬉しそうなこと(笑)
前奏で2人がクルクル回るのははじめて見た!なんかツボだ〜(´▽`)
ライブではjuice並に飽きた曲の位置付けなんだけど、こうして聞くとやっぱりいい。
悔しいけど(?)、ライブ(とりわけプレジャー)では欠かせない曲なんだな、と。
この曲から怒涛の盛り上がりを見せる!アクションの後半も盛り上がったが今回も凄い!!


19「juice」

熱い!!!会場の熱気だけではない。ステージ前方で炎が何度も噴いているのだ!!!
ヒロミゴウじゃないけど、あーちち〜。アリーナ最前列がこんなに熱いとは・・・恐るべし。
間奏での掛け合いは毎度お馴染みと言った感だけど、やっぱり盛り上がるし楽しい。
稲葉の超絶ロングシャウトに驚嘆。マジかよ?!!すげーー!!!!!
「よし、今やったのををやるぞ!」と観衆を煽る稲葉が悪魔に見えたのは俺だけであるまい(笑)
あなたしか出来ませんからーーー残念!でもやった。脱落者続出。無理っす!息継ぎしたよ。
曲の終わりで松本がギターを投げたと思いきや、ステージ下のスタッフが受け取ってた。


20「愛のバクダン」

まだまだ終わらない。怒涛の攻勢は続き、稲葉の声と同時に爆発しイントロへ!!
ステージから花火上がりまくるし、juice特効の炎も大活躍。これで盛り上がらないはずがない。
愛バクは普段全く聞かないけど、ライブ映えするよなあ。楽しかったーー!!!
ちなみに2番歌詞はご当地シリーズってことで、「そこに響くのは神戸のヴォイス」になってた。

稲葉の煽りと共に手拍子が始まり、シェーンがドラムで三三七拍子のリズムを叩き始めた。
これは・・・!!!


21「BANZAI 〜MC」

やっぱりBANZAI来たーーーーー!!!!!!!まさに怒涛。ヒートアップしまくり!!!
多分2005年のCORツアー以来だと思う。あの時も凄かったけど、今回はそれ以上かも!!
これも先の愛バク同様、CDで聞くよりライブで聞く方が遥かにいい曲。観衆の一体感が凄い。
曲の最後、みんなで本当にバンザイする(笑)そのシーンをライブDVDで見てみたい( ̄▽ ̄)

この後に感動的なMCになるはずだったんだけど、稲葉が冒頭でかましてくれた。
「僕らは20万年前に・・・(ここで観衆が爆笑)・・・!!(稲葉も気付き爆笑)」
稲葉さん!!そりゃいくらなんでも最先端から加速しすぎです!!!(笑)
その後はちゃんと修正し、これまでの出会いによって生まれた絆について軽く語った。
となると・・・やはりアレだろうな。うん、アレしかない。


22「Brotherhood」

飽きたし、普段聞かないし、いいやって感じなブラフ。しかし、恐るべし涙腺決壊助長曲。
この歌を実際に歌われるだけでもヤバイのに、スクリーンに映る白黒写真が相乗効果を発揮。
参加したわけでもないのに、昔のツアーの時のシーンを見ているだけで泣きそうになる。
圧巻は復刻Tシャツにも印字されている「We'll be Alright」の合唱・・・凄かったな。


23「ギリギリchop」

イントロからうぉおおおーーー!!!(阪神葛城調)ギリチョ来たっ!!!
開演前に席にあった赤いミニタオルを振り回す時!!!最初から分かってたけど( ̄▽ ̄)
この曲で特筆すべき点は伝説の短パン稲葉の復活。初めて見た!
流石に最近はしてなかったし、今回するとも思わなかった。完全にサプライズ。衝撃。
稲葉の生足はやたら白肌(に見えた)で驚き。めっちゃ美脚。あなた本当に40代ですか(笑)
ライブ後に分かったが、この曲のタオル回しは会場後方から見るとレインボーに見えたとか。
座席別にレインボーを構成する色のミニタオルを置いて、この演出を狙ってたようだ。
最前列だからそういった光景が繰り広げられてたとは露知らず。凄く綺麗だったんだろうな。
この演出の意図が分からなかった友達はステージタオルを回してた(笑)
曲最後で稲葉がアリーナ客席にタオルを放り投げたが、こっちには来ず。

本編が終わり、かなり放心状態の俺と友達。とりあえず座る。
今回はやけに曲数が少なく感じたが、実はこの時点で過去に参加したライブ中、最多の23曲。
それだけライブに夢中だったし、灼熱のショータイムだったって事かな。
アンコールを待つ間はウェーブ。右から発生し左へ向かうが、左から戻って来ない(´Д`)

メンバーが再登場し、会場内が大いに沸く。稲葉が新しい曲をやりますと言った。
「いつかまたここで」はさっきやったから、今度は・・・グローリーデイズか!!


〜ENC〜

24「グローリーデイズ 〜MC」

予想は的中。サビの部分は20周年サイトで何度も聞いてたけど、フルはこれが初。
しかもそれがCD音源でなく、B'zの生演奏で聴けるってのは幸せだな。
これも歌詞がめちゃいいし、ポップで聞きやすい。人気曲になりそうだと思う。
ここに涙腺決壊助長曲がまた新たに誕生した(いや、マジでいいよ。この曲)

曲演奏後のMCはめちゃくちゃ感動的で泣ける内容だった・・・思い出すだけで涙腺が緩む。
内容はあまり覚えてないが、今思うことは、俺も頑張るぞ&B'z最高に好きだーー!!!!


25「RUN」

感動的なMCの後はRUN。ほぼ毎回聞いているが、これは飽きる飽きないの問題じゃない。
しかし、何故か2番歌詞(涙腺のよく似た〜)から始まった!!Σ ( ̄□ ̄;)
どうやら稲葉が間違えて2番から歌ってしまったようだ。その後、再び同じ歌詞が(笑)
まぁ、彼も完璧に見えて完璧じゃない。当たり前っちゃ当たり前なんだけど。
ラストサビがこの神戸初日だけ「生きるなら〜」じゃなく、「生きろぉーーー!!!」に。
なんかここでも感動してしまった。よいアドリブだったな。
15周年の渚園のようなサイリウム演出はなかったが、十分心に残った演奏。


26「Pleasure 2008〜人生の快楽〜」

プレジャーライブ最後の曲。冠タイトルなんだから、当然これをやらないわけがない。
これで締めるってのは俺が知る限り初めて。でも全然違和感なく締めに相応しい曲。
歌詞はウルプレ収録の2008年バージョンになってた。
これで最後かと思うと、非常に寂しいものがこみあげてくる。ああ、終わらないでくれ。

ステージにメンバーが集まり、恒例のおつかれ〜〜!!!
いつもなら、この後2人が両サイドへ挨拶し、何度かおじぎして退場するのがセオリー。
しかし今回は最後にもサプライズがあった!!
なんと、2人がそのままステージから降りて、アリーナの両サイドを闊歩!!!!
当然アリーナ両端にはファンが大挙し、会場内は一瞬にして凄い雰囲気に包まれた。
最前列の俺らはその様子を遠くから見るしか出来なかったけど(笑)
スクリーンには2人が闊歩する様子と、客だし曲「いつかまたここで」が歌詞付で流れてた。
アリーナ後方にあったお立ち台で2人が揃い、がっちり握手。ここで一際大きな歓声と拍手。
「ありがとう!気をつけて帰ってくれよー!!」と言い、何度も手を振りながら会場を去る2人。
最後の最後にいい思い出が追加されて、もう感無量です。
本当にこのライブに参加できて幸せ。B'z最高だぁああああああ!!!!!

その後は規制退場。アリーナAブロックは当然の如く最後。
別に急いで帰らないといけないわけでもなく、明日も休みだから、余韻を楽しんでたな。
ラジオ関西のDJらがその待機時間を少しでも楽しんでもらおうと、色々質問やトークをしてた。


ようやく会場内を後にし、興奮が冷め止まぬ俺らは再びグッズ売り場へ!!!(爆)
もう人もだいぶ減ったと思ってたが、さっき程じゃないけど行列が出来てた(ノ゜□゜)ノ
恐るべしライブ後の心理。俺以上に友達がすっかり興奮気味だったしね(笑)
かなり喜んでくれたし、より一層B'z好きになったみたいだし、俺としてもめちゃ嬉しい。

30分強並んでグッズを買った頃には、会場周辺はかなりガラガラ。あの人ごみが嘘の様。
目の前に見えるスタジアムで、今さっきまで夢の中に居たんだよなぁ・・・。
そんな哀愁も少し感じつつ、神戸ユニバーを後にし、あとは家に帰るだけだ。

あっ。ライブに夢中で完全に忘れてたが、昼以降はロクに飯を食べていないな。
飯のことを考え出したら、急に腹が減ってきた(笑)しかし時刻は既に23時。
家への帰り道、この時間でも営業してて、美味い飯屋となると・・・ここしか思いつかなかった。

大阪・弁天町にある博多っ娘。久々に来た。夜は午前3時まで営業しているのが強み。
初めて夜の博多っ娘に行ったけれど、店内は昼と同じくらいの満員状態だから凄い。
久々に食べる脂っこい炒飯はやっぱり美味い!初博多っ娘の友達もラーメンと炒飯を絶賛。

家に戻ってきた頃は、午前2時を回ってたかな。
めちゃくちゃ眠いのに、ネットでこの日のライブの事を調べたり、iPodでB'zを聞いてた。
結局、ライブの余韻と冷めぬ興奮が睡魔に勝ち、4時ぐらいまで起きてた(笑)

本来なら今回のライブレポートはここで終わったはずなんだけど、まだまだ続きました!!!

INDEXへ戻る

"裏"B'z LIVE-GYM Pleasure2008 -GLORY DAYS-

明けて日曜日。遅く寝たのが当然のように祟り、起きたのは昼近く。
起きても思い浮かぶのは、昨日の夢のようなライブの事。本当に最高だった・・・!
そんな事を考えてると、どんどんテンション上がる。今日もライブにマジで行きたくなる。

昨夜家に戻ってきて、ネットでライブのレポートなどを見ていた時だった。
神戸ユニバーは音漏れが超鮮明に聞こえたという情報が多数。数キロ先でも聞こえたとか。
この時閃いた。そうだ・・・チケット無くても、音漏れを聴けにいけばいいじゃん!!!
ツアトラ写真も撮りたい・・・昨日は場所を突き止められなくて写真も撮れなかった。
そのリベンジを果たせるチャンスは今日しかない。流石に豊田や日産まで行けないし・・・
既に答えは出ていた。これはもうユニバーに行くしかない!!と。

そんなわけで、急遽神戸ユニバー行きを決めた。ジャケットの下はR&Rシャツで決める。
今日はあいにく友達が無理なので、単身バイクでGO。目指せ神戸ユニバー!!
家からバイクで出発する時、近所最強と思われし猫(通称:ボス猫)が行く手を阻む。

俺「あ、あなたは・・・!魑魅魍魎な鳴声で近所を震撼させているボス猫さん!!」
ボス猫「・・・どうしても行くというのか?」
俺「ハイ!!このチャンスを逃すわけにはいかないんです!!」
ボス猫「・・・ワシはB'zの事はよくわからん。CATという曲はあるようじゃが」
俺「あ〜あります、ありますよ。で、邪魔なんでソコ退いていただけます?」
ボス猫「・・・ならば、このワシを倒してゆけ!!」

↑んなわけねえって(悪ノリ:笑) 魑魅魍魎な鳴声ってのは本当だけど。
つーか、行く手を阻んでいるわけでもないし、こんな事喋ってるわけないし(笑)

ボス猫と戯れた後、ひたすら高速で神戸ユニバーの会場を目指す。
しかし!!神戸に入る頃になると、空模様が暗くなってきた。今にも降りそうな感じ。
で、阪神高速神戸山手線の白川南を下りた途端に、流行のゲリラ豪雨(´Д`)
バイパスみたいな道を走っていた為、近くに停車する場所がない。そのままびしょ濡れ。
トンネルで渋滞だったから、端に寄って雨宿りすれば良かったけど・・・もはや焼け石に水。

しかし、トンネルを出てもゲリラ豪雨は収まらない。このままではポケット内の携帯がヤバイ!
結局道の端にバイクを止めて、急いで携帯をパニアの中へ放り込む。
ついでにカッパも着た。最初から着ておけば良かったと思ったのは言うまでもない。
更に昨日は用意していた着替えを今日は持ってこなかった(´Д`)必要な時に無いって・・・
スカイマークスタジアム近くにバイク臨時駐輪場を発見、滑り込んだ。
到着直後。さっきよりは雨足がだいぶマシになった。
バイク臨時駐輪場のすぐ横にあったツアトラ群。今回も全部で4台あります。
手前のピーパツアトラは、徳島のアクションツアー時に見たのと同じモノだろうな。
雨のせいかツアトラ付近は人がまばらで、撮影するには絶好のチャンス。よし撮るぜ!!
いつ見ても今回のツアーロゴはポップ過ぎて可愛すぎる(笑)
ツアトラ後部には、徳島で見たアクションツアトラと同様のドコモ2.020周年ロゴが。
フロントガラスにはアクションのロゴがまだ残ってた。ここまで撮ってた人は多分いない(笑)
背景が黒地のバージョンもあった。白地が2台に対し、これは1台。
写真撮っている内に雨も止み、ファンも続々集まってきた。
ここでファンの人達と少しばかり談笑。昨日はグッズを買いに来て、今日はライブ参加だとか。
同じB'zファン同士の他愛もない会話っていいもんですなあ。

もうツアトラ写真を思う存分撮ったので、ファンの人らと別れ、総合運動公園駅方面へ行く。
駅前広場。ライブに参加出来なくても、このお祭り感を堪能したいのさ(笑)

グッズは早くも完売商品が。タオルも売り切れ。特に限定ツアーTシャツ大人気だった。
昨日の行列も壮絶だったが、今日も同じくらい酷かった。日差しがないだけまだマシか。
2日連続で来てしまったぜ・・・!神戸ユニバー競技場に!
もちろんカラオケジムもやってる。先着30人から32人に増えた?ようだった。
カラオケジムの予選ステージ。
開場直後のCゲート前。
今日はこの辺で音漏れを聞くんだけど、周囲を見回すと同じ目的の人が結構居てびっくり。
地べたに座り、タイルの地熱で濡れたズボンを乾そうとするが、微妙に蒸れて気持ち悪い(笑)
さっきのゲリラ豪雨が嘘の様に空が晴れてきた。
要らない荷物をバイク臨時駐輪場(遠い・・・)まで置きに行き、再びゲートをくぐる。
うわ!!幻(と勝手に思い込んでた)の大道芸をやってた!!!
エアギターは何処でやっていたのか分からずじまい。そもそもやってたのか?
ファンの寄せ書きにも参加。お祭り気分を少しでも味わいたかった。
なんかかんや時間を潰していると、綺麗な夕陽が登場。もうすぐ開演かな。

Cゲート前の人ごみが一段落して、しばらくしたら・・・音漏れ来たー!!!!!
まず、スピーカーから轟音が聞こえてきた。やべぇ・・・あの神がかったオープニングだ!!!
その後、例の女性のバッコミボイスからメンバー登場、歌いだしの際の大歓声で鳥肌。
ネットの情報通り、音がめちゃくちゃ鮮明に聞こえてきた。凄すぎ。
はっきり言ってこれは音漏れというレベルを超越してる。
普通にライブ会場内に居るみたいだし、金取ってもおかしくないぐらいだと思う。
大阪から音漏れを聞きに来て本当に良かったと、心底思いましたよ。
場外ではライブ中にも関わらず、撤収作業がスタートしていた。
神戸の次週は豊田スタジアムでライブがあるから、それに間に合わせるべく必死なんだろうな。
今夜月が見える丘にを歌っている頃、西の空に半月が出ていた。
今日も稲葉は月に指差したりして歌っているんだろうな〜と( ̄▽ ̄)ニヤニヤ(笑)
1番盛り上がったのは恋心。みんな振り付けしてるし(笑)
あとはラブファン、ギリチョあたりが盛り上がった。会場内とは違う独特の雰囲気だったな。
愛バクの頃だったかな?花火の演出。辛うじて何かやっているなってのが分かる。
本編終了後は結構な数の客が帰るのでゲート付近も混雑する。その前に撮影するのが吉。

アンコールラストのプレジャーが始まった頃、後ろ髪を引かれる思いでユニバーを後に。
最後まで居たらめちゃくちゃ混むのは分かっているので。
結局2日目はセットリスト変更が無かったのは残念。日替わり曲あるかな〜と思ってただけに。

昨日のライブが"表"だとすれば、今日は"裏"。でも裏は裏なりに楽しめる。
来て大正解!!チケット無くても、ライブを身近に感じ、楽しむ事が出来て幸せだった。
ヤバイなぁ・・・音漏れを止められなくなりそうだ(笑)
総合運動公園駅前にて。最後の曲が終わった後の花火の煙が見えた。

渋滞を回避すべく早歩きでバイク臨時駐輪場に到着。
警備員に、高速で大阪方面に行くなら、どっち(布施畑西か白川南)が早いかを聞いたら、
素直に白川南に行った方がいいと教えてくれた。礼を言い、行きと同じ道で白川南ランプへ。
そこから先は超スムーズ(神戸山手線なんかガラガラ)に流れ、1時間ちょっとで帰宅。
おまけ。今回のツアーで買ったグッズ2つ。
ツアーパンフレットは洒落があって面白いし、インタビューも読み応えあっていい。
Tシャツは今度のライブで着る楽しみが増えたのでちょっと嬉しい(笑)

長い長いレポートでしたけど、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

INDEXへ戻る



★感想・意見・質問など、掲示板に書き込んでみませんか?

B'zページトップへ戻る

HOME